*

たかじんの妻さくら事件も、冤罪冨田と同様に奇々怪々の様相を呈してきた。

公開日: : 未分類

たかじんの妻さくら事件も、奇々怪々の様相を呈してきた。
引用。

「イタリア人の夫と結婚している最中にたかじんさんと交際を スタートし、その後イタリア人夫を捨て、たかじんさんが亡くなる3カ月前に入籍していたということ なのでしょうか。『殉愛』では、そのことについてひと言も触れられていない。万が一、これが事実なら これまでの印象も変わってきますよね。“金目当て”と言われても仕方がないのでは?」
とのこと。

また、
イタリアでネイリストをしていたという報道もあり、国際色豊かなS夫人。
「彼女自身の口から『私は韓国人だ』ということを聞いたことがあります。
ただ、育ちはイタリアだと言う。とにかくしゃべり方が変わった人で、普段は片言の日本語で、イタリア育ちのはずがなぜか時折英語を交えてしゃべります。
でも興奮してくると流暢な日本語の標準語でしゃべるのです。
一見、『不思議ちゃんかな?』という感じですが、一方でしたたかな印象もあり掴みどころがない。元々たかじんのマンションはす向かいに住んでいましたが、気づいたら彼の自宅で一緒に暮らしていました」(前出・彼女を知る人物)

さくらが在日韓国人だった場合、イタリア人男性とやしきたかじんと重婚していた疑惑も浮上する。
もし重婚をしていたなら、刑法でも懲役2年以下の犯罪となる。

奇々怪々だね。

水泳冨田の冤罪事件と同じだね。
日本人じゃない人が絡むと、醜悪で泥泥の世界となってくる、

もうひとつ
百田尚樹さんが「殉愛」を書くことになったキッカケは20143月に開かれたやしきたかじんさんを偲ぶ会に出席した時の出来事だった。
その時にたかじんさんの妻で3度目の結婚相手である女性・家鋪さくらさんが「たかじんのメモがある」と声をかけてきたという。
ちょうど週刊誌等で”疑惑の夫人”などと報道されている時期の真っ直中で百田さんは警戒していたのだが、知人に言われ彼女に会って実際のメモを見せられた。
メモには「僕の本を出すなら百田に助けてもらう」と書かれていた。
彼は興味本位でさくらさんとたかじんさんの出会いを聞いた所その出会いに想像を超える衝撃を受けてたかじんさんの本を書くことを決意、以降300時間に渡った取材を始めた。

 一番可能性の高いのは、たかじんも百田尚樹も騙されたということだ。
この二人を騙すとは、大したもんだよ。
たかじんは弱っていたからむべなるかなとも思うけど、百田尚樹も騙されるとは。
まあ、彼も情熱家だから、ころっといったんだね。たぶん。
さすが、騙すのは、超一流の人達だよ。

スポンサードリンク

関連記事

4期連続赤字でも社長の関電・八木は、不良外人だな。

 関西電力が30日発表した2015年3月期の連結決算は、最終損益が1483億円の赤字(前の期は974

記事を読む

テロ資金法案の採決の結果が面白い。

驚愕のブログ「余命3年時事日記」で、 「特別な理由がないかぎり衆院解散総選挙はありませんね。」

記事を読む

国民の裏切り者、土井たか子死去。

 元社会党党首、土井たか子さんが亡くなられた。 まあ、人として、一応ご冥福を祈っておこう。

記事を読む

安藤忠雄、男らしく記者会見す。 けどダメだな。

 新国立競技場の総工費が1300億円から2520億円に倍増した問題で、デザイン案の審査委員長を務めた

記事を読む

河野洋平は、表に出ろ

 河野洋平元官房長官が、月刊誌「世界」で、安倍首相の国会答弁の姿勢が上から目線などと批判したらしい。

記事を読む

セックス・スレイブという言葉は、日本人”戸塚悦郎”が作った。 ~たかじんの委員会~

 9/21の「たかじんのそこまで言って委員会」の「慰安婦虚偽報道」特集は、情報がてんこ盛りだった。

記事を読む

『たかじんのそこまで言って委員会』の『たかじん』が消えそう。

 『たかじんのそこまで言って委員会』の『たかじん』が消えそうだ(記事)  『そこまで言って委員

記事を読む

前原「共産はシロアリ」、いいねえ好きな事が言えて。

  民主党の枝野幸男幹事長は18日午後の記者会見で、同党の前原誠司元外相がテレビ番組で「共産党の本質

記事を読む

桜井誠が余命とタッグを組んで、都知事選に立候補。驚いたね。

 在特会の桜井誠が都知事選に立候補するそうだ(余命)。 ただ、まだ余命三年時事日記しかソースがない

記事を読む

石原慎太郎の引退会見が、必見(4)。 ~雑感~

 4日連続、石原慎太郎の引退会見について。 今日は、その他もろもろについて。  何か、日本語

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑