*

凄すぎる。 都構想に地下鉄民営化等の改革案件がすべて含まれていたとは。 

公開日: : 最終更新日:2017/05/27 橋下徹、 維新の会

 都構想の賛否の住民投票がほぼ決まりかけている中、橋下市長が大阪読売TVの「深層News・地方創生 大阪からの挑戦」に出ていた。

 42分ぐらいあったけど、本当面白く聞けた。
橋下市長の話は、エンターテインメントだよ。
ワクワクする。

 大阪府と大阪市を統合した方がいいのは、当たり前なので、詳しい中身は知らなかった。
深層Newsで、橋下市長が驚くべきことを言った。
地下鉄民営化、水道民営化、大学統合、病院統合等、今市議会の反対でストップしている案件すべてが、都構想賛成になれば、実施されるというのだ。
すべての案件が、都構想に組み込まれているというのだ。
これには、驚いた。
さすが、天才・橋下徹だ。
こんな手が、あったのか。
恐るべき男だ。
そして、堂々とTVで宣言したところも、惚れる。
こっそりと騙し討ちで成立させるのではない。
包み隠すことなく、ちゃんと、やるぞ、と宣言している。
惚れ惚れするよ。

 都構想は、必ず成立する。
できれば、圧勝して欲しいものだ。
圧勝して、やるぞ~、という熱気を作り出そう。
ここまでの、橋下市長・松井幹事長の努力と情熱、そして練り上げた都構想には、頭が下がる。
これに賛成しなければ、大阪府市民の恥だよ。
(大阪府民の投票がないのは、なぜなのかな?)
都構想ができれば、必ず、大阪は良くなる。
つられて、日本も良くなる。
間違いない。

それにしても、日本はピンチに立ったとき、人材が出てくる。
不思議だな。
安倍首相と橋下徹。
二人に感謝。 そして、応援しよう。

 そうそう、大阪読売の女性司会者と男性司会者の二人、名前は知らないけど、良かったよ。
ほどよいツッコミとうまく話を引っ張り出していた。
特に女性司会者は、そのレベルの高さに驚いた。

スポンサードリンク

関連記事

橋下徹大阪市長は、今一番の民主主義の政治家である(1)

橋下徹大阪市長について、語ってみたい。 皆さんは、ご存知であろうか? 橋下市長が、市役所

記事を読む

橋下市長が、元日からtwitterで頑張っている。 休んだらどうだ。

 橋下市長が、元日からtwitterで何やら言っている(記事)。  今年は、都構想の住民投票実

記事を読む

橋下徹ついに石原慎太郎と袂を分かつ

 橋下徹が、ついに石原慎太郎と袂を分かつことになった。 喜ばしいことだ。 縁を切ったらどうかという

記事を読む

橋下市長、公務の合間に都構想の説明会を400回。 日本人の鏡。

 上西議員を党除名で乗り切る橋下市長――大阪都構想占う府・市議選(記事) この記事自体は、今頃

記事を読む

維新分党後の振る舞い ~中田宏と片山虎之助~

 維新分党で、維新の会に37人、石原新党に23人、離党2人と所属が決まったようだ。 当初予想では、

記事を読む

大阪都構想ピンチ。 市民は保守的感情を吹っ切れるか。

 都構想の世論調査結果が、各メディアから発表されている。 産経が一番わかりやすい、知りたい記事にな

記事を読む

たかじんが生きていたら、都構想は成立してただろうな。

 「そこまで言って委員会NP」を見てたら、大阪都構想をテーマのひとつに取り上げてた。 そこで、橋下

記事を読む

マスゴミ降参。 橋下市長の会見が無風状態に。

 橋下市長の1/16の定例会見がいつも通り行われた。  ヘイトスピーチの訴訟費用負担、タブレッ

記事を読む

橋下維新、法廷闘争と臨時党大会で反撃に出る。

 維新の党の不良外人コンビ、松野と江田によって、国会議員12人と地方議員の、あわせて165人の除名処

記事を読む

朝日新聞が、日本の変革を阻害する(2) ~橋下の教育改革~

 昨日の記事の続き。 変革について。  ちょっと話は変わるけど、日経ビジネスで、「デュポン」特集

記事を読む

Comment

  1. 通りすがり より:

    住民投票が市民だけ対象なのはこういうことらしいですhttp://i.imgur.com/x0aEr2N.jpgよ

    • 問答有用之助 より:

      こんにちは。
      情報ありがとうございます。 法律で決まってたんですね。
      それなら、しょうがない。
      これは、朝日新聞の記事みたいですね。 珍しく、まともな記事だ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑