*

「寄生獣」の世界がやって来る。 崔領二のブログを見て。

公開日: : 最終更新日:2017/04/10 未分類

 プロレスラー崔領二 巨大窃盗団の被害に!その顛末に「鳥肌が全身から…」という、ニュースが出た。
ネタ元のブログはこちら。

 崔さんが、車を盗まれたけど、戻ってきたという、なんということはない話。
真相は、警察に口止めされて言えない、という意味深ぶり。
そして、こう忠告する。

3つだけ皆さんにアドバイスしたい….
1、安全神話など もう 存在しない
2、すべてを疑え
3、身内にジョーカーありと心に警笛を
世の中はとても怖い。
そう34年生きてきても、
改めて真実には恐怖がたくさんある…
強く生きなければならない。ただただそう悟った。

 真相は勿論わからないが、
どうやら、荒唐無稽と思えることが、危惧することが、起こり始めているようだ。

 マンガ「寄生獣」は、宇宙からやってきた謎の寄生体と主人公の戦いの話。
謎の寄生体は、人の体を乗っ取り、乗っ取った寄生獣は、人を喰うことを本能とする。
そして、顔を含む体を自在に変形できるため、人に化け、人か寄生獣か判別できない。
そいうことだから、人がどんどん行方不明になっても、寄生獣の存在さえ不明、不確かな噂として広まっても、寄生獣か人か、区別ができない。
それでも何とか区別する方法を見つけ、戦闘となる・・・。

 そういう世界が、この日本にやってきているのかも知れない。
「寄生獣」は、1988年 – 1995年の作。 
作者の岩明均は、予想もしていなかっただろうが、予言的な作品かもしれない。
そして、今日本TVでアニメが放映されているらしい。
11月末に映画でも上映される。
何という偶然。 いや、もしかして・・・。

 勿論、崔さんのブログを見て、こんな妄想記事を書いている訳ではない。
崔さんのブログは、単なる呼び水に過ぎない。
強烈な呼び水では、あるが。

何のことを言っているか、わからないかもしれないが、過去ブログにヒントあり。

スポンサードリンク

関連記事

テロ資金法案の採決の結果が面白い。

驚愕のブログ「余命3年時事日記」で、 「特別な理由がないかぎり衆院解散総選挙はありませんね。」

記事を読む

都構想がレールに乗って、走り出した。 もう止まらない。

 30日に急遽再開された大阪府、大阪市の法定協議会で、来年1月13日に協定書をまとめることが決まった

記事を読む

W杯誘致で、韓国が英国を裏切る。 英国の復讐が始まる。

 これがサッカーだ・・W杯誘致を巡る韓国の裏切り行為に英国が唖然、韓国ネット「名言認定されそう」「韓

記事を読む

国民の裏切り者、土井たか子死去。

 元社会党党首、土井たか子さんが亡くなられた。 まあ、人として、一応ご冥福を祈っておこう。

記事を読む

慰安婦の暴走が止まらない  ~米軍も訴える~

朝鮮戦争後の韓国で、政府管理の下、駐留アメリカ兵士の相手をさせられ、「米軍慰安婦だった」と主張する

記事を読む

村上春樹は、歴史を知らないのか?日本人でないのか?

 村上春樹が、「日本の抱える問題に、共通して自己責任の回避があると感じる」と述べた(記事)。 「1

記事を読む

自民党の都議は、百条委設置をせず、舛添知事を守るつもりか?

 舛添知事の問題では、共産党などが百条委設置を求めているそうだ(こちら)。 共産党も不良外人を守る

記事を読む

メイン食材には、原産国を表示すべき。 ~中国の鶏肉事件~

 上海の食品会社が、マクドナルドなどに使用期限切れの鶏肉を販売していた問題が、発覚した。  ファミ

記事を読む

中国金メダル3選手含む15人もドーピング違反、銀銅4位の選手は、損害賠償で訴えろよ!

 国際重量挙げ連盟(IWF)は24日、2008年北京五輪で採取した検体を国際オリンピック委員会(IO

記事を読む

「韓国は民主主義」と答えた日本人は、わずか14%。 ちゃんと認識され始めた。

 産経ニュースが、またまたエグいニュースを出してくれた。  日本の民間非営利団体「言論NPO」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑