*

マスコミよ、変わらなきゃ!

公開日: : 最終更新日:2014/05/19 マスコミ

グローバリズムによって、企業は大変化を強いられ、存亡をかけて、変化してきた。

政治も、不完全とはいいながら、政権交代を実現した。

しかし、旧態依然として変わっていないのが、マスコミである。

既得権益に安住して、腐りきっている。

政治家の言葉刈り、食材偽装をまるで重大犯罪のように非難する、そして横並びの報道。

高品質の製品を生み出している日本企業、実に多彩な美味しい味を作り上げてきた店々、世界に誇れる仕事を成し遂げている。

しかし、マスコミは、世界でも低レベルだ。

世界最多の読者数を抱えていながら、低レベルなのだから、ホント恥ずかしい話である。

勤勉な日本の中で珍しいことだ。

上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」を読んで愕然とした。

これほど、マスコミは、酷いことになっているのかと。

—続く—

 

スポンサードリンク

関連記事

朝日の慰安婦虚偽報道、朝日は記者会見を開くべきだ。

 朝日新聞は、慰安婦問題で虚偽報道があったことを認め、取り消す記事を載せた。 吉田清治氏の「慰安婦

記事を読む

日本最悪の既得権益、日本記者クラブ(2) - でっちあげ –

これも 上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」を読んで、驚いたことである。 鉢呂経

記事を読む

マスコミが集団いじめで笹井氏を殺した!人を殺して平然としているマスコミには反吐が出る。

 報道ステーションを見ていて、愕然としたよ。 古舘が、さも笹井氏が、陰謀を働いたかのように報じてい

記事を読む

ジャーナリスト長谷川 幸洋でさえ、マスコミの酷さを自覚していない ~たかじんの委員会~

 たかじんの委員会で、世界一わかりやすい解説ということで、池上彰を意識して、ジャーナリストの長谷川

記事を読む

日本のために戦う甘利大臣。

 アメリカとの交渉が難航するTPP交渉で、甘利大臣がアメリカのフロマン代表と怒鳴り合いのやりとりをし

記事を読む

Voiceが、自殺した笹井氏に鞭を打つ。

 STAP細胞疑惑の小保方氏の上司である、理研の副センター長、笹井氏が自殺した。 たまたま、毎日放

記事を読む

都構想住民投票への賛否報道は、マスコミの民主主義尊重の試金石となる。

 「大阪都構想」を議論する府・市の法定協議会が23日、「都」の設計図に当たる協定書を決定した。 や

記事を読む

毎日新聞のWaiWai変態ねつ造事件を知っていますか?

 ネットで調べごとをしていたら、偶然、毎日新聞の酷い事件にぶち当たった。 毎日新聞が、海外向けホー

記事を読む

ビビる古館、胆っ玉示す産経・加藤。

 古舘伊知郎氏らは何をビビッているのか? 産経新聞出版 皆川豪志(記事)  この記事は面白かっ

記事を読む

震えた! 秋葉原のマスゴミ帰れコール。

 戦慄のニュース。 秋葉原での安倍首相の街頭演説が終わったあと、群衆から取材に来ていたマスコミに向

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑