*

国民の裏切り者、村山元首相は二度と顔を出すな。

公開日: : 未分類

 村山元首相が、朝日新聞で集団的自衛権が戦争につながるとか、コメントしていた。
こいつの顔を見ると、むかつく。
自分は、国政で自民党に一回も投票したことがない。
(小泉の郵政選挙の時は、どうしたか憶えていない。 もしかしたら、自民党に投票したかもしれないが。)
投票しなかったのは、自民党が金にまみれて、腐っていたからだ。 
政権交代がなんとしても必要と思っていた。
政権交代があれば、自民党もよくなるだろう、と思っていた。
だから、当時、社会党に投票したのは、社会党を支持していたわけでなく、自民党を下野させるためだった。 
そう思って投票した人は、多いと思う。
1989年、1990年頃のことだ。
そして、1993年に、細川連立内閣が誕生。
やっとこさ、自民党が下野して、政治が変わると思っていたら、
社会党が、自民党と連立しやがった。
そして、村山が首相となった。 
村山は、当時を振り返って、どこかでこんなことを書いていた。
Aさん:おい、村山、自民党と連立するぞ。
村山:どこがだ。
Aさん:うちらだよ。
と、全然考えてもみなかったが、連立することになった、
という風な、能天気なことを書いていた。
許せん。 
こいつは、有権者が何を考えて期待して、投票したか、考えもしなかったんだろうな。
社会党は、その後、消滅するという報いを受けた。
しかし、政権交代は、民主党による2009年まで、待たねばならなくなった。
日本の政治改革は、村山社会党のせいで、16年も遅れることになった。
その間、日本はデフレにあえぎ、東北大震災を民主党政権時に経験するという最悪のタイミングになってしまった。
それでも、こんなに高く付いても、政権交代は必要だったと思っている。
そのおかげで、安倍首相がまともな政治をできているのだ。
しかし、次の政権交代は、当分ないな。
それもこれも、村山社会党の罪は大きい。
だから、二度と公の席に顔をだすな。 裏切り者。

嘘つき公明党も同じだ。
維新との都構想の約束を反故にして、怒っているのは、維新の会だけだと思ったら、大間違いだ。
大借金を積み上げたことへの大阪市政と市議会議員への怒りが、都構想の期待になっている有権者が大勢いて、この嘘つき公明党め、と思っていることをお忘れなく。
そして、何十年たっても、あの嘘つき公明党め、と回想する。
メディアが書かなかったからと安心していたら、大間違いだ。
公明党には、絶対投票しない。

スポンサードリンク

関連記事

河野談合とは、よく言ったものだ。 ~たかじんの委員会~

 橋下大阪市長が出演した、たかじんのそこまで言って委員会(6/29)は、書くネタありすぎだね~。

記事を読む

哀しき桑田ケースケ。

 桑田ケースケが、大バッシングを受けてるね。 コンサートで、日の丸にバツを入れた映像を流したり、安

記事を読む

河野談話検証、踏み込むのは、これが限界か?

 河野談話の検証結果について、全文をまともに紹介しているのは、産経だけかな。 ほんと、他のマスコミ

記事を読む

日本が、在日朝鮮人だらけに驚く。 ~別冊宝島を読む~

 朝日や毎日が、在日朝鮮人に乗っ取られているんじゃないかと、心配になってきたのと、元社会党委員長の土

記事を読む

安藤忠雄、男らしく記者会見す。 けどダメだな。

 新国立競技場の総工費が1300億円から2520億円に倍増した問題で、デザイン案の審査委員長を務めた

記事を読む

官邸屋上のセシウム入りドローンって、宣戦布告か? 枝野も布告。ぐる?

 首相官邸の屋上ヘリポートで22日、小型の無人飛行機「ドローン」1機が見つかった。ドローン周辺では微

記事を読む

カジノ法案が成立するかも?

 カジノ法案 次期臨時国会で成立の機運高まる、と産経で報道されていた。 カジノ法案は、反対だなあ。

記事を読む

「無敵の人」は、衝撃だね。

 日曜夜のフジテレビのMr.サンデー で、取り上げられた、「無敵の人」は、衝撃だった。  黒子のバ

記事を読む

英国でも打つ手なし、「白人少女1400人レイプ」事件。

 「白人少女1400人レイプ」異様な売春犯罪を常態化させた英国移民社会の裏側(記事)。  産経

記事を読む

共産党が、震災募金詐欺。 胸糞。

 4月16日、日本共産党品川地区委員長をつとめ、衆院東京3区から立候補予定だという香西かつ介氏が『T

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑