*

虚偽発行部数で、まず朝日新聞を訴えるべき。

公開日: : マスコミ

 新聞の発行部数が1年で激減 朝日新聞は40万部、読売新聞は60万部(記事

新聞の発行部数を調査する日本ABC協会が、2014年度下期(6月~12月)における新聞の発行部数を発表した。()内は対前年差(2013年度下期)。

朝日新聞:710万1074部(-44万2107部)
読売新聞:926万3986部(-60万4530部)
毎日新聞:329万8779部(-5万1587部)
日経新聞:275万534部(-2万5585部)
産経新聞:161万5209部(-2316部部)

 読売が、なぜこれだけ減っているか、理解に苦しむ。
発表された新聞の発行部数は、実際に配達されている部数を正確に反映しているわけではない。
配達されないまま新聞販売店で一時保管され、古紙として回収される「押し紙」、あるいは「残紙」もABC部数に含まれている。とのこと。

 新聞広告の値段は、発行部数を参考に決まる要素が大きいだろう。
それなのに、虚偽の発行部数を発表するのは、詐欺行為と言っていいと思う。
この虚偽の発行部数によって決まっている広告費用を、広告主企業が支払っており、それは、製品に上乗せされている。
従って、我々消費者は、不当に上乗せされた費用を負担させられている被害者と言っていいと思う。
だから、我々消費者は、新聞社を訴えることができるんじゃないかな。
まず、一番虚偽部数が多いと思われる、朝日新聞を訴えよう。

 余命さんが書いていたけど、慰安婦虚偽報道の集団訴訟で得られた賠償金を元手に次々に集団訴訟をするというアイデア、この素晴らしいアイデアを利用して、この件も訴えられないかな。
ちょっと、優先度が低そうだけど。

 かつて、パリーグも試合の入場者数を水増しして、発表していた。
別にどこかに迷惑をかけていた訳でもないが、それではダメだということで、正しい入場者数を発表するようになった。
それが、パリーグの人気回復に、本気に取り組む一つのきっかけになったと思う。
プロ野球でさえできたことなのに、真実を伝えなければならない、新聞が虚偽の発行部数を平気で発表しているなんて、許せない。

 読売が60万部減ったのは、実際にこれだけ減ったのではなく、激減した朝日に負けない程度に、より実際に近い発行部数を発表してきた、というところだろう。

スポンサードリンク

関連記事

カメラ窃盗の競泳冨田の冤罪の件、TVで誰も一言もしゃべらず。

 毎日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』を見ていたら、ニュースワードランキングのコーナー

記事を読む

今一番のメディアは、産経ネットニュースだ。 ~共同通信社について。

 産経ネットニュースは、面白い。 韓国ネタが多すぎて、辟易することもあるが、今一番だね。 毎日見

記事を読む

古舘降板か? 面白くなってきた!

 古舘伊知郎キャスターが「報道ステーション」を降板するのではないか、という話が広がっている。  古

記事を読む

石原環境相「最後は金目でしょ」発言の真偽

 石原伸晃環境相が、中間貯蔵施設の建設をめぐり、記者団に対し「最後は金目(かねめ)でしょ」と語った、

記事を読む

官房機密費がマスコミへの支払いへ

上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」の読後、続編。 現場記者からデスクに送られて

記事を読む

日本最悪の既得権益、日本記者クラブ(3) - 税金による運営 –

またまた日本記者クラブで驚いたのは、記者会見の運営費が、税金で賄われているのだ。 これは、知ら

記事を読む

マスコミ後進国・日本 -オプ・エド-

またまた、上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」の読後、続編。 一つの問題に対して

記事を読む

まだマスゴミに本物の日本人ジャーナリストがいたのか。 「韓国軍慰安所」をスクープ。

 韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた-とするスクープ記事を「週

記事を読む

ビビる古館、胆っ玉示す産経・加藤。

 古舘伊知郎氏らは何をビビッているのか? 産経新聞出版 皆川豪志(記事)  この記事は面白かっ

記事を読む

菅官房長官が、日経新聞の報道「拉致被害者の生存者リスト提示」に抗議する。

 菅官房長官が、北朝鮮が日朝協議で日本人拉致被害者の生存者リストを提示したとの日経新聞の報道について

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑