*

都構想に対して、2ch系ブログの見解が割れてる。

公開日: : 橋下徹、 維新の会

 昨日、都構想に対する住民投票で、否決された。
大阪府民としては、残念無念だが、政治ブログランキングの2ch系ブログがどう見てるのか、ちょっと調べてみた。

(都構想賛成)
ば韓国いい加減にしろ速報
政経ch
中道速報
売国速報(^ω^)

(都構想反対)
New保守宣言!!速報japan
正義の見方
黒マッチョニュース
News U.S.
保守速報

という感じかな。
ざっと見ての感じなので、間違えているのも、あるかもしれない。
それに、1つのスレに対して、メンバーがいろいろ意見を述べるスタイルなので、色分けするのもなんだが。
多分スレ主の見解が色濃く反映されると勝手に思っているのだが。

 見解が分かれているね。
大阪の実情が分かっているのが、賛成で、
大阪の実情を知らずに、橋下徹が反日だと思い込んで、嫌ってるのが、反対なんじゃないかと思う。

 売国速報(^ω^)の見解が説得力があった。
z3 (570x640)
投票結果の「賛・否」を大阪市の区別に色分けしたもの。青が「賛成」、赤が「否定」(参照
z4 (482x386)
各別生活保護受給率(参照
衝撃的なのはこれだ。
見事に一致している。
それに生活保護受給率の異常な高さ。
西成区なんて、5人に1人以上が、生活保護を受けている。
ありえん。
これじゃ、大阪が大赤字になるはずだ。
これだけいると、本人じゃなくても、これ関係で甘い汁を吸っている奴が大勢いて、そいつらが、必死になって、反対したんだろうな。
z5 (291x184)
男女年齢別賛否(参照)。
年寄りが反対している。
自分らが良ければ、後の世代は、どうでもいい、という傲慢さ。
いつから日本人はこんな身勝手になったんだ。
まあ、よくわかってないんだろうな。
TVしか見てないから、マスゴミの都構想反対の影響を少なからず受けているんだろう。
やっぱり、大掃除しか手はないのかな。

 それにしても、2chの反対派は、どうかしているよ。
あの辻元清美が、自民党の選挙カーで都構想反対を訴えているんだぜ。
それ見たら、普段の書き込みから考えて、都構想賛成だろうが。
まあ、若者が賛成しているから、2chは結果に関係ないんだろうが。
ただ、余命3年の影響はあったかもしれない。
差が差だけに、腹が立つ。
NHKの会見で、自民柳本の後ろに、太田房江(昔の府知事、テロ資金提供処罰法改正案を棄権していた)を見た時、反吐が出たわ。

スポンサードリンク

関連記事

都構想住民投票への賛否報道は、マスコミの民主主義尊重の試金石となる。

 「大阪都構想」を議論する府・市の法定協議会が23日、「都」の設計図に当たる協定書を決定した。 や

記事を読む

大阪維新が、地方選挙で圧勝。 やっと、まともな民意が。

 大阪府知事と大阪市長のダブル選は7日投開票され、知事選は前大阪市長の吉村洋文氏、市長選は前大阪府知

記事を読む

必見! 橋下徹の分党会見

 橋下徹の分党会見をyou tubeで見た。 素晴らしい。 ホント、これほど心ある政治家がいるだろ

記事を読む

維新の分党後は?

 維新の会が、分党した。 維新の会の国会議員数は、62人。結構いるねえ。 石原氏と共に分党する国

記事を読む

大阪市バスの黒字化。 橋下市長は、よくやった。

 大阪市バスの上半期の経常損益が約8億2900万円の黒字になった。下半期も含めて黒字になれば、198

記事を読む

産経新聞に変えた方がいいですよ。 ~橋下市長の演説~

 橋下市長の【都構想タウンミィーティング】の動画10/5を見た。 相変わらず、演説は面白い。 そ

記事を読む

維新、完勝には届かず。 ~大阪府議選の分析~

 昨日、地方選挙が行われた。 都構想の前哨戦と言われた、大阪府議選・市議選の結果が注目された。

記事を読む

維新の党、嘘つき公明党と選挙で全面対決を宣言す

 橋下市長と松井知事が、記者会見で衆院選挙になったら、嘘つき公明党と全面対決すると宣言した。 橋下

記事を読む

維新分党後の振る舞い ~中田宏と片山虎之助~

 維新分党で、維新の会に37人、石原新党に23人、離党2人と所属が決まったようだ。 当初予想では、

記事を読む

橋下市長、最後?の活躍。  民主にダメ出し。

 橋下市長が引っこんでしまってるし、不良外人が騒いでいることに突っ込んでも、クソ面白くもないし、この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑