*

吉本興業はいつになったら8.6秒バズーカ問題で記者会見するんだ?

公開日: : 未分類

 広島原爆を揶揄した8.6秒バズ-カ-問題が話題となって、「8.6秒バズ-カ-問題、吉本興業・大阪本店総務部へ電凸4/16」という動画がネットにアップされて、問題となってた。
あの電話では、吉本興業の総務が、この問題を認識していて、ご意見をまとめているところである、と答えていた。
ということは、この問題に対して、記者会見を開くということだな。
あの4/16から、1カ月弱たったね。
いつまで待たせるんだ。
朝日新聞でさえ、慰安婦虚偽報道について初めて訂正記事を出した時、大問題になって、36日目にやっとこさ記者会見を開いた。

 この動画も以前リンクしてたサイトは、削除されてた。
火消しにやっきなんだね。
その後、雨後のたけのこのように新しいサイトが発生してるから意味ないんだけど。

 どうやら、不良外人達は、記者会見が苦手のようだ。
za (361x601)
これは、朝日新聞の渡辺社長の記者会見の映像(産経)。
記者との間にどんだけ距離をとってるんだか。
いくら日本人が襲ってくることはないと頭で理解していても、自分らなら襲いかかると思ってるもんだから、日本人が怖くてしょうがないんだろう。

 東洋ゴムの免震データ改ざん問題でも、最初の発覚の時の記者会見3/13の時こそ、山本社長が出てたみたいだけど、それ以降のの発覚の時は、他の役員にやらせて、社長は出てないからね。
3回くらいあったけど、すべて人を変えているようだ。
どんだけ、怖がってるんだか。
こんなのありえんよ。
おまけに、張本人の課長の名前すら出てこないという徹底ぶり。

 そうそう、あの泣き喚いた野々村竜太郎議員、あれも記者会見で日本人に襲われるとでも思って、思わず泣き喚いてしまったんだろう。

 さあ、吉本興業は、記者会見を開くかな?
誰が出てくるかも見ものだ。
社長は出てこないだろうな。
日本人社員を出させるんじゃないか。
韓国アシアナ航空機が広島空港で事故を起こした時に、記者会見で、日本人副社長に謝らせたみたいに。
しかし重要ポストについている日本人がいないかもしれないが。
どうなるのかな。

スポンサードリンク

関連記事

中国金メダル3選手含む15人もドーピング違反、銀銅4位の選手は、損害賠償で訴えろよ!

 国際重量挙げ連盟(IWF)は24日、2008年北京五輪で採取した検体を国際オリンピック委員会(IO

記事を読む

「寄生獣」の世界がやって来る。 崔領二のブログを見て。

 プロレスラー崔領二 巨大窃盗団の被害に!その顛末に「鳥肌が全身から…」という、ニュースが出た。

記事を読む

ファイアーチャットが中国で革命を起こす、と思う。

 香港民主化デモで、街頭デモを続ける民主派の学生や市民の間で、近くにいるスマートフォンのユーザーと瞬

記事を読む

日本人でない人を見分ける方法。

 ほんと、日本人でない人を見分ける方法があれば、どんなにすっきりすることか。 人種差別には、絶対反

記事を読む

『I am not Abe』は、『I am not Japanese』。

 元経産官僚の古賀茂明が、『I am not Abe』というカードを「報道ステーション」で掲げて、騒

記事を読む

英国でも打つ手なし、「白人少女1400人レイプ」事件。

 「白人少女1400人レイプ」異様な売春犯罪を常態化させた英国移民社会の裏側(記事)。  産経

記事を読む

不倫休暇の宮崎議員、議員辞職す。

 育児休暇と称して、不倫休暇をしていた宮崎謙介衆議院議員が会見で辞職を表明した。 不良外人のくせに

記事を読む

「日本の女子中高生の13%援助交際」、オランダがインドネシア独立の恨みを晴らそうとする。

 外務省は、先月下旬に来日した国連特別報告者が「日本の女子生徒の13%が援助交際に関わっている」と発

記事を読む

「米占領軍の日本洗脳工作「WGIP」文書、ついに発掘」って、思い切りセンセーショナルだな。

 産経ニュースは、過激なニュースか、中韓関係のニュースばかり、ほうりこんできて、その徹底した路線ぶり

記事を読む

大阪都構想の協定書が無事通った。 橋下市長も他党のバカ話によくつきあってるよ。

 大阪都構想の協定書が無事やっと通った。 その法定協議会がこのサイト見れる。 1時間47分もあっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑