*

朝日新聞は、大阪府市民の敵

公開日: : 朝日新聞

 今日6/6の朝日新聞で、大阪の都構想法定協議会での維新の会による反対派差し替えを、いかにも民主主義に反する強攻策をするように、記事を書いている。
朝日新聞は、世論操作を図っている。
とんでもない思い上がりだ。 
新聞社は、読者に真実を伝えることによって、料金を得るし、様々なマスコミ特権を得ているのである。
この思い上がりのツケは、大きいぞ。

まず、維新側に理がある理由を述べよう。
(1)都構想法定協議会は、都構想案を作るだけであって、都構想を実施するかどうかは、住民投票で決める。
 従って、本来、都構想案は、都構想に賛成の会派だけで作れば良い。
反対派は、反対なのだから案作りにそもそも参加する必要がない。
それでも、案作りに参加したいのなら、法定協議会では、反対の態度を抑えて、案作りに参加するべきである。
 反対活動は、法定協議会の外でやるべきである。
従って、法定協議会での反対派の振る舞いは、ルールに反した政治的妨害活動である。
(2)橋下市長は、市民に都構想案を作ってよいか、選挙で問うている。
これ以上ない民主的やり方である。
他政党は、都構想反対の立候補者を立てなかった。
彼らは、民意を問わなかったのである。
彼らは、我々市民の意見を問わずに、自分らの意見を押し通そうというのである。
反民主的である。 彼らは、府市民のことなど、議員にさえなれれば、どうでもよいのである。
どちらが、民主的で、正しいか、明々白々である。
それなのに、橋下市長の選挙に否定的に伝えるマスコミが信じられなかった。
マスコミは、いかにも民主主義が大切であるかのようなふりをしているが、ただ自分等が主張しやすいために、民主主義を利用しているだけである。
 政府とマスコミでは、今まで絶対マスコミが民主的であったが、
橋下市長とマスコミでは、橋下市長の方が、民主的であるという、世にも不思議な逆転現象が起きている。
 そもそも、なぜ都構想に賛成し、橋下市長を応援しているかと言えば、
昔の大阪市政は、大赤字を垂れ流し、市役所所員による大きな無駄使いがあったからである。
 それに、民意も気にせず、世論操作を行おうとする朝日新聞は、大阪府市民の敵である。 

スポンサードリンク

関連記事

朝日新聞内定の学生、一言で場を凍りつかせる。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも33日目。 まだ、次々に話が出てくるね。 それだけ、多く

記事を読む

ついに来ましたか。 慰安婦報道で朝日に賠償請求=8700人が提訴-東京地裁

慰安婦報道で朝日に賠償請求=8700人が提訴―東京地裁(記事)  朝日新聞社の従軍慰安婦報道に

記事を読む

朝日新聞が集団的自衛権の記事だらけでウザイ。

 さあ、いよいよ、朝日新聞が集団的自衛権反対の旗をふりかざして、国民操作に動き出した。 今日6/1

記事を読む

朝日がWパンチをくらって、ダウン寸前か?

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも15日目。 2週間を超えましたか。 どちらが先に音をあげ

記事を読む

朝日の木村社長が辞任を発表。 後任は、社会部の渡辺氏。

 朝日新聞の木村社長が辞任を発表した(記事)。  後任は、社会部の渡辺氏。 政治部出身者の社

記事を読む

蛇のようにまとわりつく朝日新聞記者 ~橋下市長会見~

 久しぶりに、橋下市長の会見をyou tubeで見たら、凄いことになっていたねえ~。 大阪都構想の

記事を読む

せっそうのない朝日新聞 ~小沢一郎に応援頼む~

 今日5/24の朝日新聞で、集団的自衛権に反対するのに、わりと大きなスペースを割いて、あの小沢一郎に

記事を読む

田原総一朗が、朝日の慰安婦虚偽報道を庇う。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも8日目。 まだ、毎日毎日ネタが出てくるね。 とにかく、朝

記事を読む

朝日は人権を攻撃の道具としてしか考えていない

もう1年半前の話になるので、申し訳ないのだが、マスコミの本性が露骨に現れた事件なので書いておきます。

記事を読む

朝日の慰安婦虚偽報道、あの中国メディアにも批判される。

 さて、朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも6日目に入った。 朝日が記者会見を開くまで、書き続け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑