*

大阪維新が、地方選挙で圧勝。 やっと、まともな民意が。

公開日: : 橋下徹、 維新の会

 大阪府知事と大阪市長のダブル選は7日投開票され、知事選は前大阪市長の吉村洋文氏、市長選は前大阪府知事の松井一郎氏が、いずれも初当選を決めた。
知事と市長を入れ替えての選挙で、批判も受けたが、民意は問題なし、いやそれどころか、それで良しと判断したようだ。


知事選と市長選の結果。

松井さんの方は、危ないんじゃないかという噂が流れたけど、杞憂だったな。
まともな民意が働いたと思うが、正直70%ぐらい取って、当然と思うけどね。
これくらい、いい政治をしているのは、今時珍しいよ。
大阪を立て直した。

同時に府議選と大阪市議選が行われた。


府議選の結果。

大阪市議選の結果。

府議選は、維新がなんと51/88で過半数を超えた。
これは、快挙。
1人区で26/31、2人区・3人区は全勝、4人区以上では、ほぼ2人当選している。
特に、4人区で2人当選は凄い。 共倒れの危険があるからね。
そのリスクを取って、当選している。
小選挙区制ならまだしも、中選挙区制で過半数を取ったのは、明らかな維新支持の民意だと思う。

大阪市議選は、維新は40/83でわずかに過半数には届かなかった。
しかし、中身は府議選より圧勝だ。 
2人区は全勝、3人区は6区で2人当選している。 4人区以上では、2人当選している。
3人区で2人立候補するのは、共倒れのリスクが大きすぎる。
それでも、9区中6区で2人当選なので、凄い維新支持だ。
5人区と6人区がなければ、もしくは1人区が多ければ、維新が過半数を取っていただろう。
もっと、選挙区を小割にしないのは、おかしい。
民意がちゃんと反映されていないよ。

さて、嘘つき公明党がこれをどう判断するかだね。

「大阪府庁で26日に開かれた松井氏の定例記者会見。冒頭、維新が公明と交わした合意文書のコピーが集まった記者らに配布された。
 合意文書は昨年4月17日付で、A4判1ページ。維新幹事長の今井豊府議と公明府本部幹事長の林啓二府議が署名し、都構想について「今任期中で住民投票を実施」と明記されていた。
 都構想は今も府と大阪市で具体案の検討が進められているが、約1年半前の時点で、すでに政党間で住民投票の実施を密約していたことを暴露した格好だ。」

とても、日本人がやることではない。
本当に日本人か?と、思ってしまう。
それに、創価学会はこれを認めているのだろうか?
創価学会は、平気で嘘をつけという教義でもあるだろうか?
創価学会の宗教性も問われていると思うけどね。

都構想への賛否の最新の世論調査では、
大阪府内全域では、賛成:60%、反対:33%
大阪市内では、賛成:55%、反対:39%
で、いずれも賛成が上回ったそうだ。

住民投票は、やるしかないだろう。
嘘つき公明党がどう動くか? 注目だな。
あと、無所属が賛成しても過半数超えになるけどな。

スポンサードリンク

関連記事

マスゴミ降参。 橋下市長の会見が無風状態に。

 橋下市長の1/16の定例会見がいつも通り行われた。  ヘイトスピーチの訴訟費用負担、タブレッ

記事を読む

橋下市長のヘイトスピーチ条例化、理想主義も困ったもんだ。

 「ヘイトスピーチ」認定機関を新設へ 橋下市長「きちっと条例化して運用していく」(産経) 以前

記事を読む

橋下市長が、元日からtwitterで頑張っている。 休んだらどうだ。

 橋下市長が、元日からtwitterで何やら言っている(記事)。  今年は、都構想の住民投票実

記事を読む

大阪市議会の混迷

 大阪市議会が混迷している。 公募校長が問題を起こしている。セクハラ、連続欠勤、現金持ち出し、とひ

記事を読む

維新分党後の振る舞い ~中田宏と片山虎之助~

 維新分党で、維新の会に37人、石原新党に23人、離党2人と所属が決まったようだ。 当初予想では、

記事を読む

橋下維新、大阪府市議員選挙で勝負するのか?

 2015年の統一地方選、大阪府市の議員選挙が4月12日に実施される。 橋下維新の党が、どういう選

記事を読む

維新の党、嘘つき公明党と選挙で全面対決を宣言す

 橋下市長と松井知事が、記者会見で衆院選挙になったら、嘘つき公明党と全面対決すると宣言した。 橋下

記事を読む

大阪ダブル選挙、維新が二つとも勝つ。やっとこさ維新の正しさが浸透してきた。

 注目の大阪ダブル選挙、大阪維新の会公認の吉村洋文氏と松井一郎氏が、市長と府知事にそれぞれ当選した。

記事を読む

橋下徹大阪市長は、今一番の民主主義の政治家である(1)

橋下徹大阪市長について、語ってみたい。 皆さんは、ご存知であろうか? 橋下市長が、市役所

記事を読む

朝日新聞が、日本の変革を阻害する(2) ~橋下の教育改革~

 昨日の記事の続き。 変革について。  ちょっと話は変わるけど、日経ビジネスで、「デュポン」特集

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑