*

村上春樹は、歴史を知らないのか?日本人でないのか?

公開日: : 未分類

 村上春樹が、「日本の抱える問題に、共通して自己責任の回避があると感じる」と述べた(記事)。
「1945年の終戦に関しても2011年の福島第1原発事故に関しても、誰も本当には責任を取っていないという気がする」
「終戦後、悪かったのは軍閥で、天皇もいいように利用され、国民もみんなだまされて、ひどい目にあったという考えがある」とし「結局、誰も悪くないということになってしまった」。

 この見解は、一見もっともだが、今だにこんなことを言っているのか、という感じだね。
原発事故に関しては、正しい。
東電は、社長は一応辞任したが、東電はつぶすべきだった。
(朝日の社長は、辞任しないけどね。)
朝日も責任を回避していると、思っているのかね。
聞きたいところだ。

 「結局、誰も悪くないということになってしまった」。
これも、わからんでもない。
東条英機は、少なくとも、責任があるのだが、靖国神社に合祀されてしまったもんだから、曖昧になってしまった感がある。
何とか、分祀できんもんか、と思う。

 しかし、日本だけを悪く言うのは、歴史を知らん奴だ。
当時の世界は、植民地主義の時代だ。
その中で、欧米と日本が争っていたのだ。
日本も悪ければ、欧米も悪いのだ。
欧米も悪いと言わない奴は、嘘つきだな。
しかも、欧米の搾取型植民地主義と違って、日本は資本投入型の育成型植民地主義だから、欧米に比べれば、遥かに人道的だ。
 また、日本が戦争をしたから、結果的の面もあるが、アジア諸国が独立でき、ひいては、アフリカ諸国も独立できたのだ。
日本の戦争がなかったら、今でもアジアとアフリカは植民地で、欧米に搾取し続けられていた可能性が高いと思う。
 欧米の奴らは、悪賢いから、戦後ころっと人道主義に転じて、さもいい人のように振舞った。

 こんなこと、歴史をちょっとかじったら、普通の奴は、わかるもんだが。
村上春樹も、頭では、勿論承知しているだろう。
それでも、こういう発言をするのは、日本人じゃないのかな。
反日・自虐史観教に嵌っているのかな。
日本人だとしたら、頭おかしいんじゃないのか。

もし、日本人でないなら、作家なんだから、ちゃんと表明すべきだ。
作家というものは、自己をさらさなければならない。
そうしないなら、作家失格だな。

スポンサードリンク

関連記事

宮崎駿の頭は、どうかしているよ。 辺野古移設に反対。

 宮崎駿氏「辺野古基金」共同代表就任の意向という記事を見た。 アメリカ軍普天間基地の沖縄県名護市辺

記事を読む

都議会ヤジ、決着が着く。

 都議会ヤジの決着が着いたね。 鈴木章浩という都議が、自白した。 さすがに、知らんぷりはできなか

記事を読む

不倫休暇の宮崎議員、議員辞職す。

 育児休暇と称して、不倫休暇をしていた宮崎謙介衆議院議員が会見で辞職を表明した。 不良外人のくせに

記事を読む

田嶋副会長がFIFA理事にトップ当選し、鄭夢奎(韓国)は最下位で落選。

 アジア・サッカー連盟(AFC)は30日、バーレーンのマナマで開いた総会で役員選挙を行い、AFC選出

記事を読む

水泳・冨田選手裁判、誰かわからない映像。

 どうなったんだろうと思っていた、水泳・冨田選手裁判で、やっとこさ証拠の監視映像が、出てきたようだ。

記事を読む

滋賀県知事選挙について、思う。

 滋賀県知事選挙で、自民、公明推薦の小鑓氏が、前民主党衆院議員の三日月氏に破れた。 三日月氏が、前

記事を読む

慰安婦の暴走が止まらない  ~米軍も訴える~

朝鮮戦争後の韓国で、政府管理の下、駐留アメリカ兵士の相手をさせられ、「米軍慰安婦だった」と主張する

記事を読む

初めての地方選挙投票。

 今回、初めて地方選挙の投票に行った。 正確には、大阪府知事選挙以外でかな。 府知事選挙も、前回

記事を読む

創価学会の集団的自衛権に関する見解発表は、憲法の政教分離に対する挑戦

 公明党の支持母体である創価学会が、集団的自衛権の行使容認は「憲法改正手続きを経るべきだ」とする見解

記事を読む

カジノ法案が成立するかも?

 カジノ法案 次期臨時国会で成立の機運高まる、と産経で報道されていた。 カジノ法案は、反対だなあ。

記事を読む

Comment

  1. IB より:

    こいつもまだ分かっていない…
    敗戦の責任を負ったのは東条英機でなく昭和天皇。天皇を差し置いて合祀とか分祀とか、いらんこと考えるな!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑