*

維新の不良外人・松野頼久と江田が盗人ぶりを発揮する。

公開日: : 橋下徹、 維新の会

 維新の党・松野代表は15日、大阪の橋下市長が結成する新党への合流が確実な国会議員や地方議員ら162人について除名処分とした(日テレ)。
維新の党の過半数を除名するなんて、ありえんだろう。

 松野頼久は、元日本維新の会側だが、民主党出身だ。
当選できない民主党を抜け出して、当選させてもらった維新を裏切るんだから、不良外人の本領発揮だ。
まさに、不良外人そのもの。
これぞ、ザ不良外人だ。

 こいつは、わかりやすいんだが、曲者は江田憲司だな。
こいつは、相当頭がいい。
大阪都構想が住民投票で否決され、橋下市長は責任を取って、党代表を辞職した。
この時、あまり関係のない結いの党出身の江田も党代表の辞職を表明した。
なんでだろう、と思ったが、これが機敏な行動だった。
少しはあるだろう責任論から逃れて、松野をかつぎあげて、あやつろうという魂胆だったのだ。
その証拠が、分党を絶対許さないと推し進めた黒幕が江田だからだ。
勿論、分党を許さないのは、政党助成金を独り占めするためだ。
そして、維新の党の名前まで分捕って、選挙で維新人気にあやかって少しでもおこぼれにあずかろう、という魂胆である。
糞すぎる。
過去に分党を許さず政党助成金を独り占めしたのは、小沢一郎だけだ。
小沢は相当頭のいい不良外人だが、江田も頭がいいね。
そして、不良外人の魂をもってるよ。
江田は通産官僚出身。
「I am not Japanese」と叫んだ古賀茂明も元経産官僚だ。
この役人崩れでマスコミや政治に出てくる奴は、大抵不良外人だ。

 橋下市長がこれに怒って、「維新の党と朝鮮労働党は兄弟政党」と言ってるね(産経)。
まあ、橋下市長は、維新の党が独裁政党になってると比喩の意味で言ったんだろうが、奇しくも、松野頼久と江田は、本当に朝鮮党人であるということを、明らかにしたようなもんだな。
橋下市長の泣き寝入りになるかとも思ったが、臨時党大会を開いて、対抗するようだ。
徹底的に戦うべきだね。
不良外人・松野頼久と江田の評判を徹底的に落とすべきだ。
そして、後ろに隠れた江田憲司を前線に引っ張りだすべきだね。
そして、こいつの化けの皮をはがしてほしいもんだ。

スポンサードリンク

関連記事

必見! 橋下徹の分党会見

 橋下徹の分党会見をyou tubeで見た。 素晴らしい。 ホント、これほど心ある政治家がいるだろ

記事を読む

橋下市長、維新代表を辞任して、都構想に専念する。

 橋下徹氏が維新共同代表を辞任へ 大阪市議選へ専念する狙いか、というニュースが流れた。 これは、い

記事を読む

マスゴミ降参。 橋下市長の会見が無風状態に。

 橋下市長の1/16の定例会見がいつも通り行われた。  ヘイトスピーチの訴訟費用負担、タブレッ

記事を読む

諸悪の根源である大阪市議会はつぶさないとダメだ、過激になってきた橋下市長の発言。

 いつもの定例会見で、大阪市バスの話題になった(動画)。  大阪市バスは、民営化しないと、全然

記事を読む

維新の分党後は?

 維新の会が、分党した。 維新の会の国会議員数は、62人。結構いるねえ。 石原氏と共に分党する国

記事を読む

維新、大勝利。 ~大阪市議選の分析~

 昨日、地方選挙が行われた。 都構想の前哨戦と言われた、大阪府議選・市議選の結果が注目された。

記事を読む

大阪ヘイトスピーチ条例、成立不透明。ほっとしたが、意外だった。

 全国で初めてヘイトスピーチの抑止策をまとめた大阪市の条例案が市議会に提出され、5日の財政総務委員会

記事を読む

大阪市バスの黒字化。 橋下市長は、よくやった。

 大阪市バスの上半期の経常損益が約8億2900万円の黒字になった。下半期も含めて黒字になれば、198

記事を読む

大阪都構想否決で、いろいろおかしなことが出て来たね。

 産経新聞社とFNNが23、24両日行った合同世論調査によると、「大阪都構想」が17日の住民投票で反

記事を読む

大阪市の負の遺産1000億、泣けてくるよ。

 大阪市の土地信託事業の複合ビル「オーク200」をめぐり、事業を受託したりそな銀行など3行が市に赤字

記事を読む

Comment

  1. kaito ishin より:

    チンパンジーと人間の合いの子は、果たして ありうるか?
    松野頼久を見ると、あるのかもしれないね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑