*

シシアンリーの恥韓論を読んで「日本も似たようなもの」と言うバカ。

公開日: : 朝日新聞

 朝日新聞の書評欄で、シシアンリーの恥韓論を評して、「日本も似たようなもの?」と書いているバカがいた。
韓国人は「自分以外の悪を見つけることで、自分を善と見なす方法を選んだ」
「自分は善だから日本人という相手に何をやってもいい」という思想に陥っているという。
このシシアンリーの意見を読んで、読めば読むほど「日本も似たようなもの」という感想が想起される、と評者は書く。

 評者は、佐々木俊尚(ジャーナリスト)。
誰だ、こいつは、朝日新聞OBかと思ってググルと、毎日新聞OB。
これには、笑った。 
毎日の方が、本当は朝日より酷いからね。

 まず、面白いのは、見出しは「日本も似たようなもの?」になっている。
しかし、本文は「日本も似たようなもの」で、「?」がない。
これはどういうことだ。
見出しは、朝日。 本文は、佐々木氏だ。
朝日は、さすがにマズイと思ったのだろう。
見出しに、こっそり?を入れた。

 昔の日本はともかく、現在の日本人が「自分は善だから他国の人に何をやってもいい」とは、思っていないだろう。  明らかに。
この佐々木という奴は、どうしようもない奴だな。
ジャーナリスト失格。

 韓国ほど、日本でなら極右と呼ばれる連中だらけの国はない。
危険な国だ。
もし、勝てるなら、他国に戦争をしかけること間違いなしだよ。
幸い、日本や中国相手じゃ勝てないから、やらないだけでね。

だから鬱憤ばらしに、アジア大会で不正行為をする。
平気でするのは、自分が善だから。
今では、日本相手だけじゃなくて、タイとかにもやるからね。

 朝日も含めて、自分は善だから何をやってもいい、朝日なら嘘をついてもいい、とそういう風に考える奴は、極めて危険だ。

自分を正義だと思って、不正義をやる奴ほど、タチの悪いものはない。

スポンサードリンク

関連記事

朝日新聞は拝金主義だったのか!

ネットで調べごとをしていたら、たかじんのそこまでいって委員会で有名になった中部大学教授・武田邦彦の音

記事を読む

朝日新聞が、日本の変革を阻害する(2) ~橋下の教育改革~

 昨日の記事の続き。 変革について。  ちょっと話は変わるけど、日経ビジネスで、「デュポン」特集

記事を読む

朝日新聞の虚偽報道 第二弾「原発所員の撤退」の海外への波紋

投稿されないので、再掲します。  朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも12日目。 今日は

記事を読む

朝日新聞記者は、まだミスリード報道をしようとしている。声が裏返るから面白い。

 橋下大阪市長の定例記者会見9/18で、朝日新聞の記者が懲りずに、橋下市長に質問した。 1時間の会

記事を読む

せこい朝日新聞、ホームページにのみ慰安婦虚偽報道の英語版を出す。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも18日目。 朝日が記者会見を開くまで書く。  朝日新

記事を読む

あらゆる企業・個人の記者会見は、朝日記者の入場を拒否しよう。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道に関するブログも5日目に入った。 いつまで続けられるかな。 朝日が記者

記事を読む

朝日訴訟、”日本国の誇りを取り戻す”水島総氏・加瀬英明氏に感謝だ。

"日本国の誇りを取り戻す"〜「朝日新聞を糺す国民会議」の水島総氏・加瀬英明氏が会見(記事)  

記事を読む

朝日新聞の下衆の極み -マルハン問題-

5/9の朝日新聞の3面記事で、大阪市のフェスティバルゲート跡地が、契約したマルハンが韓流テーマパーク

記事を読む

「福祉に群がる議員たち」は、いい記事。 記者名がない記事は? ~朝日~

 6/23朝日新聞の4面「福祉に群がる議員たち」は、いい記事だな。 何回目かの特集だと思う。 鳥

記事を読む

朝日新聞、かなり紙面を割いて、池上彰の掲載拒否を謝罪する。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも31日目。 いつまで、続くことやら。 朝日が記者会見を開

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑