*

朝日は人権を攻撃の道具としてしか考えていない

公開日: : 最終更新日:2014/05/19 朝日新聞

もう1年半前の話になるので、申し訳ないのだが、マスコミの本性が露骨に現れた事件なので書いておきます。

週刊朝日が、橋下徹大阪市長の父親が、被差別部落出身で元暴力団員で、ガス管をくわえて自殺をしたという記事を書き、なおかつそこに「ハシシタ・奴の本性」という衝撃的なタイトルをつけた。

これは、ひどかった。橋本徹の父親の話であり、これは誹謗・中傷としかいいようがないし、なんの関係もない橋下徹の子供はこのことで陰口を囁かれ続けるであろう。

これは、人として最低の部類の行為であり、人権無視も甚だしい。

記事の対象が橋下徹でなかったら、とんでもない差別記事であることが、一目瞭然であるし、たとえ政治家に対しても、許しがたい行為である。

朝日は、本音では人権をちっとも尊重していないのである。

単に人権を、政治家や悪者を攻撃する道具としか考えていないのである。

いかにも、人権を守るという正義ヅラをしていいるのが、腹立たしい。

これは、週刊朝日のやったことで、朝日新聞は関係ないと振舞った。

百歩譲ってそうだとしても、それならそれで、こういう差別記事は許しがたい行為であると、朝日新聞を含む他のマスコミは総攻撃しないと駄目である。

それが、人権を守るということである。

要は、マスコミは、特に朝日は、人権を攻撃の道具としてしか考えていないのである。

スポンサードリンク

関連記事

嘘つき朝日が、大阪府警の嘘を前橋下知事のせいにする。

 大阪府警 全署で事件数を過少報告した件が 計8万件超えしているのが、判明した。 これで、大阪府の

記事を読む

朝日新聞が、記者会見で「吉田調書」の謝罪のついでに、「慰安婦虚偽報道」に触れやがった。

朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも36日目。 ついに、念願かなって、朝日が記者会見を開いた。

記事を読む

朝日新聞、半歩前進 ~集団的自衛権~

マスコミについて、批評をやりたいと思っているので、良ければ良いと書きます。 今日5/18の3面

記事を読む

首相を質問嫌いにさせる朝日新聞

 朝日新聞の4面で、「首相、質問お嫌い?」 という記事を読んだ。 安倍首相の説明が長くて、記者との

記事を読む

朝日の木村社長は、何人? どうりで辞めないわけだ。

 朝日新聞の木村社長が、16日に開かれた韓日言論人フォーラムで、 「朝鮮半島がなければ、日本の文化

記事を読む

朝日、虚偽内容の中高生教材を、学校に配布する。

 朝日新聞が、虚偽内容の中高生教材を、学校に配布した(記事)。  朝日新聞が今夏、沖縄戦につい

記事を読む

朝日訴訟、”日本国の誇りを取り戻す”水島総氏・加瀬英明氏に感謝だ。

"日本国の誇りを取り戻す"〜「朝日新聞を糺す国民会議」の水島総氏・加瀬英明氏が会見(記事)  

記事を読む

朝日に広告だしてる企業の講談社、三省堂は、見識を疑うね。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも11日目。 今日は何もない。 期待していた、「たかじんの

記事を読む

朝日の木村社長が辞任。 でも辞めてない。

 朝日新聞の木村社長が辞任を発表した。 しかし、木村社長は、やめても特別顧問で残るらしい。 さす

記事を読む

橋下市長関連記事には、記者名なし。 ~朝日新聞~

 6/28朝日新聞の一面で、集団的自衛権の記事には、記者名が載っているのに、「維新、法定協委員差し替

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑