*

大阪都構想ピンチ。 市民は保守的感情を吹っ切れるか。

公開日: : 橋下徹、 維新の会

 都構想の世論調査結果が、各メディアから発表されている。
産経が一番わかりやすい、知りたい記事になっている。

 産経新聞社は9、10の両日、大阪市内の有権者を対象に電話による世論調査を実施した。
大阪市を廃止し5つの特別区に分割する「大阪都構想」への反対は47・8%で、賛成の39・5%を8・3ポイント上回った。
 今回の調査で賛成理由のトップは「思い切った改革が必要だから」の41・0%。次いで、大阪維新の会が都構想の目的と訴える「二重行政が解消されるから」が27・7%だった。
 一方、反対理由は「メリットが分からないから」が32・1%で最も多く、「住民サービスが良くならないから」が14・6%で続いた。
 橋下徹大阪市長を「支持する」とした人は45・8%(前回45・1%)、「支持しない」は43・3%(同43・5%)だった(記事)。

 世論調査結果は、10%弱、反対が多いという結果。
大阪都構想はピンチだね。
しかし、橋下市長を「支持する」する人は、2%多いという結果。
拮抗していると言えるんじゃないかな。
橋下市長「支持」=都構想「賛成」とならないのが、不思議だ。
しかも反対理由が「メリットが分からないから」というバカな理由。
今の大阪府市の状態のデメリットが大きすぎるから、都構想にしようとしてるんじゃないか。
今の大阪府市政がいいのは、橋下・松井という極めて優れた政治家がトップにいるからであって、二人がいなくなれば、すぐダメになる。
それが理解できないなんて、大阪市民は甘えすぎだ。

 まあ、大阪市がなくなる、というのが漠然と不安なんだろうな。
ちょっと前は酷かったけど、今はいいから、このまままで、という保守的感情が働いているのだろう。
情けない。 本当に情けない。
ほんと、根性なしだよ。
目の前のいい政治をやってる橋下市長を信用して、ゆだねることもできないのか。
今まで、ろくなことをやっていない反対派の言うことに耳を傾けるなんて。
根性なしかつバカだよ。

 いい政治家を見つけたら信用して育てないと、ダメだ。
橋下市長がいなくなっても、また次が出てきてくれる、なんて甘えた考えを持っていたら、ダメだ。
1回きりの勝負だよ。
次はない。
例え志を持った人間が出て来たとしても、あの橋下市長がダメだったんだから、とあきらめるだろう。
危機感なさすぎ。

スポンサードリンク

関連記事

維新の都構想敗れる。 不正開票があるんじゃないか。

 都構想の是非を問う、歴史的な住民投票は、 「反対」は70万5585票で、「賛成」は69万4844

記事を読む

大阪ダブル選挙、維新が二つとも勝つ。やっとこさ維新の正しさが浸透してきた。

 注目の大阪ダブル選挙、大阪維新の会公認の吉村洋文氏と松井一郎氏が、市長と府知事にそれぞれ当選した。

記事を読む

大阪ダブル選挙分析、維新完勝。

 昨日、大阪ダブル選挙。 維新の松井氏が知事に、吉村氏が市長に当選した。 その詳細な結果が出てき

記事を読む

橋下維新、法廷闘争と臨時党大会で反撃に出る。

 維新の党の不良外人コンビ、松野と江田によって、国会議員12人と地方議員の、あわせて165人の除名処

記事を読む

朝日新聞が、日本の変革を阻害する(2) ~橋下の教育改革~

 昨日の記事の続き。 変革について。  ちょっと話は変わるけど、日経ビジネスで、「デュポン」特集

記事を読む

朝日に慰安婦虚偽報道の記者会見を開かせるべきだ(2)。

 昨日、朝日の慰安婦虚偽報道、朝日は記者会見を開くべきだ、と書いたが、 開かせるべきだ、で今日も書

記事を読む

橋下市長は、本当に市民の代弁者だよ。

 1/3橋下市長ツイッター「すかして評論する連中よりも、ぶさいくにもがき、あがく連中が評価される社会

記事を読む

都構想の住民投票のとても大きな意義。

 橋下市長のこの会見を聞いて、都構想の住民投票が、日本の民主主義にとって、如何に大きな意味を持つか、

記事を読む

橋下市長、関電株を売ると言って脅す。

 橋下市長が、株主総会で、答弁次第では本日をもって物言う株主に関電株を売り渡す、と迫った。 脅しだ

記事を読む

勇者・橋下市長、在特会と面談すると宣言する。

 橋下大阪市長が、定例会見で在特会と面談する、と質問に答えた(会見はこちら)。 オープンの場で、議

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑