*

朝日新聞読者は、意外と慰安婦虚偽報道を知らない。

公開日: : 朝日新聞

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも17日目。
朝日が記者会見を開くまで書く。

 以外に思うかもしれないが、ネットを見ない朝日新聞読者は、慰安婦虚偽報道を知らない。
朝日新聞が、8/5に書いた記事の一連の見出しがこうだ。

(14面)日韓関係なぜこじれたか
河野談話 韓国政府も内容評価
アジア女性基金に市民団体反発
韓国憲法裁決定で再び懸案に

(28面)読者の疑問に答えます
強制連行 自由を奪われた強制性あった
「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断

(29面)慰安婦問題どう伝えたか
「軍関与示す資料」本誌報道前に政府も存在把握
「挺身隊」との混同 当時は研究乏しく同一視
「元慰安婦初の証言」 記事に事実のねじ曲げない

 これを見て、記事に間違いがあったと、伝えていると思いますか?
自分もこれを見たとき、終戦記念日間近で、いつものように、なにか朝日が大々的に書いてるな、鬱陶しいと思って、すっとばした。
この記事の中身を真面目に読んだのは、報道関係者かまさか間違いを伝えているとも思わない人権保護思想の人くらい(読んだ後でも間違いを伝えているとは思わなかっただろうな)だと思うよ。

 朝日新聞を監視している人たちが、ネットで大騒ぎしたから、初めて知れ渡ったのであって、そうじゃなければ、こんなに広がらなかった。
 だから、一般の新聞とテレビでしか、ニュースを見ない人は、朝日の慰安婦虚偽報道を知らないか小耳に挟んでもその事実の大きさをわかっていないんだよ。

 だから、オープンにする必要がある。
ライブドアの乗っ取り騒動以降、フジテレビが産経新聞より強くなっちゃったから、フジは産経の言うこと聞かないんだよな。
だからフジでも報道しない。
これは、右・左の主義の問題だけじゃ、ないんだよな。
真実を伝えるという、報道の在り方が、問われているんだよ。
左の意見を聞きすぎて、真実を伝えないことは、悪なのだよ。
今はそういう時代になった。 欧州より戦争を嫌う日本になれた。
右の台頭を心配して、真実を伝えないことも、悪。
 日本にまともなテレビ局は、ないのかよ。
政治ブロガーは、懲りずに記事を書いていく必要があるよ。
オープンにするために。

朝日新聞に広告を掲載した、今日の恥知らず企業 : 南海電鉄、武田薬品。 

スポンサードリンク

関連記事

朝日新聞の劣化が甚だしい ~ブログ記事を引っ張り出す~

 今朝6/2の朝日新聞の3面記事を見て、驚いた。 白村江の戦いを最古の集団的自衛権となぞらえたブロ

記事を読む

朝日の木村社長が辞任。 でも辞めてない。

 朝日新聞の木村社長が辞任を発表した。 しかし、木村社長は、やめても特別顧問で残るらしい。 さす

記事を読む

首相を質問嫌いにさせる朝日新聞

 朝日新聞の4面で、「首相、質問お嫌い?」 という記事を読んだ。 安倍首相の説明が長くて、記者との

記事を読む

朝日新聞が集団的自衛権の記事だらけでウザイ。

 さあ、いよいよ、朝日新聞が集団的自衛権反対の旗をふりかざして、国民操作に動き出した。 今日6/1

記事を読む

朝日新聞、半歩前進 ~集団的自衛権~

マスコミについて、批評をやりたいと思っているので、良ければ良いと書きます。 今日5/18の3面

記事を読む

朝日新聞の検証の道筋はついた。いつ木村社長と秋山会長は辞めるんだ。

 朝日新聞の第三者委員会の第一回会合が開かれ、「信頼回復と再生のための委員会」も結成され、今朝の新聞

記事を読む

朝日新聞、旧軍人遺族による名誉毀損の集団賠償に怯える。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも28日目。 今日は、てんこ盛りなので、第二弾。  これは

記事を読む

朝日新聞、かなり紙面を割いて、池上彰の掲載拒否を謝罪する。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも31日目。 いつまで、続くことやら。 朝日が記者会見を開

記事を読む

慰安婦強制をねつ造した福島瑞穂を祭り上げる記事を書いた朝日新聞、反省する気なし。

 朝日新聞の今日の朝刊で、福島瑞穂を土井たか子の護憲の後継者みたいに祭り上げていた。 福島瑞穂と言

記事を読む

朝日新聞に記者会見を開かせる方法。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも21日目。 今日も、全く無風。 朝日が記者会見を開くまで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑