*

英国でも打つ手なし、「白人少女1400人レイプ」事件。

公開日: : 最終更新日:2023/07/01 未分類

 「白人少女1400人レイプ」異様な売春犯罪を常態化させた英国移民社会の裏側(記事)。

 産経新聞は、凄い記事を放りこんでくるね。
ネット新聞ニュースの中で、間違いなくピカイチと言える。

 英中部のロザラムで、1400人以上もの子供が長期にわたり組織的な性的虐待をパキスタン系の男たちに受けていた衝撃の事件が今年8月に発覚。
事件は氷山の一角に過ぎないとの見方が強まっている。

 報告書は、1997~2013年までの16年間に、1400人以上の子供たちが性的虐待を受けていたとする内容だ。
少女たちを狙った集団強姦や誘拐、人身売買などが行われていたことを明らかにした。
2002~06年にも3件の報告があった。だが、ロザラムのパキスタン系地方議員らが、問題を公にすれば人種差別をあおり、反移民など過激な政治勢力が台頭し地域社会の分裂を招くとして、問題の解決を妨げていたという。

 11歳のときから5、6年間にわたり性的な虐待を受けたサラさん(仮名)は、40~50人の男たちから虐待を受けた。警察が通報を受け、虐待の現場に来たが、「私が裸でいるのに見ないふりをして出ていった。誰も言うことを聞いてはくれなかった」という。

 これは、凄いね。
英国警察も人権問題に転嫁されるのを恐れて、見過ごすなんて、驚く。
あの上っ面は正義ヅラしていても、裏ではあくどいことをやりまくる英国でも手を出せないとは。
まあ、今まで植民地に対して、あくどい事をやりまくっていたから、自業自得の面はあるけど、それにしても酷い。
パキスタン人の復讐かな。 いや、そうじゃないだろうな。

 日本も似たとこある。
日本は、英国みたいな酷いことをしていないのに、やられてるけど。

 さあ、英国がどう動いていくか?
ヨーロッパがこういう問題にどう対処するのか、注目だ。

 欧米が、世界を支配している手段の一つが、人権だ。
他国の人権問題に口出しすることによって、優位性を築いてきた。
しかし、それが移民問題という形を取って、ブーメランのように返ってきている。
人権を守りつつ、それを盾に犯罪を犯す犯罪者をどう裁くか、新しい言葉を探さなければならないんじやないかな。
自らを正当化するのに長けた欧米人なら、もうそろそろ何か考えだしそうな気がする。
いつまでも、小手先の政治的対応では、収まらない所に来ている。

スポンサードリンク

関連記事

田嶋陽子さんは、もういいよ ~たかじんの委員会~

 たかじんのそこまで言って委員会は、毎週面白く見ているんだけど、 田嶋陽子さんは、もう出なくていい

記事を読む

安藤忠雄は、ちゃんと新国立競技場の件を説明しろ。

 新国立競技場の件が、揉めて来たね。 なぜ、ザハ・ハディド氏の案が選ばれたのか、経緯はこの記事に書

記事を読む

国民の裏切り者、村山元首相は二度と顔を出すな。

 村山元首相が、朝日新聞で集団的自衛権が戦争につながるとか、コメントしていた。 こいつの顔を見ると

記事を読む

吉本興業の8.6秒バズーカ、朝日の慰安婦虚偽報道と同じ道へ?

 吉本興業のお笑い芸人の「8.6秒バズーカ」のリズムネタ、「ラッスンゴレライ」が 原爆示唆や日本人

記事を読む

ブログを第五の権力に!

初めまして。 最初の投稿です。 近年、マスコミに腹が立つことが、本当に多くなりました。

記事を読む

滋賀県知事選挙について、思う。

 滋賀県知事選挙で、自民、公明推薦の小鑓氏が、前民主党衆院議員の三日月氏に破れた。 三日月氏が、前

記事を読む

余命3年さんのブログが更新されないのは、これが原因?

 余命3年さんのブログが、12/18を最後に、1ヶ月近く更新されていない。 快調に記事が書かれてい

記事を読む

不良外人?にはめられ、甘利大臣辞任。一息入れといてくれ。

 甘利大臣が辞任した。 甘利大臣は、以前書いたように、TPP交渉の大立役者だ。 自分としては、次

記事を読む

ベトナム人は根性がある!

ベトナム人は根性があるねえ~。 中国が石油掘削作業を始めた南シナ海の西沙諸島海域で、中国の公務

記事を読む

さすが甘利、TPP大筋合意。

日米など12か国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を巡り、甘利TPP相は4日昼(日本時間

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑