*

まるで推理小説。 ~カメラ窃盗の競泳冨田の冤罪事件~

公開日: : 未分類

 競泳の冨田選手が、仁川アジア大会で韓国記者のカメラを盗んだ件、複雑怪奇の様相を呈してきた。
まるで、アガサ・クリスティの推理小説のようだ。
登場人物のすべての証言を疑ってかからなければならない。

(登場人物)
・競泳の冨田尚弥選手
・国田武二郎弁護士
・捜査に立ち会ったJOCの担当者(名前不明、平真JOC事務局長のことか?)
・大使館職員:捜査資料を確認
・平真JOC事務局長:現地で選手団役員が映像を見たことを改めて説明したうえで「(カメラを)取って現実的に袋に入れていた」と指摘。取り調べで自白を強要されたとの言い分には「警察は逆にできるだけ早く解決しようと協力的だった」と否定した。
ニュースZEROで見た会見では、自分が映像を見たように語っていた。
・会見で平真JOC事務局長の隣にいたJOC委員(一旦は名前がわかったんだが、その後ネット上から消えた)
・水連の泉専務理事:「ルール通り捜査はしていただいたと認識している」
・報道する日本のマスコミ
 TVで、冨田選手が訳が分からず、警察にワゴン車に連れ込まれたと発言したところで、いきなり映像が切られた。
・カメラを盗まれた韓国記者
・韓国警察
・濃い緑色のズボンをはいたアジア風の男。40歳前後。

さてこの中に本当の日本人が何人いるでしょう?
これが、この事件を難しくしている。
平真さんは、日本人かな? 隣にいた人も。

(犯行時間)
国田弁護士の説明によると、韓国側が発表する犯行時間は午前10時48分。
だが、冨田がこの時間帯はアジア大会で自由形に出場した松田丈志と雑談していたことを松田本人の証言で確認。2人が雑談した姿を確認した証言も得られており、「その後冨田選手がプールで練習したことも裏がとれている」と話した。

韓国警察が犯行時刻を11時48分と訂正した。

犯行時刻を訂正するなんて、ありえんだろう。

カメラを盗んだ映像が出てくれば、話が簡単だが、出てこないだろうね。

日本人は、韓国に行くべきでない。
何が起こっても、どうしようもない。
日本は守ってくれない。
日本人の中に、マスコミの中に、日本人でない人が混じっているから。
そして、日本の中でさえ、安全とは言えないようだ。
殺人事件が異常に増えてきたから。

スポンサードリンク

関連記事

『I am not Abe』は、『I am not Japanese』。

 元経産官僚の古賀茂明が、『I am not Abe』というカードを「報道ステーション」で掲げて、騒

記事を読む

中国金メダル3選手含む15人もドーピング違反、銀銅4位の選手は、損害賠償で訴えろよ!

 国際重量挙げ連盟(IWF)は24日、2008年北京五輪で採取した検体を国際オリンピック委員会(IO

記事を読む

哀しき桑田ケースケ。

 桑田ケースケが、大バッシングを受けてるね。 コンサートで、日の丸にバツを入れた映像を流したり、安

記事を読む

余命3年さんのブログが更新されないのは、これが原因?

 余命3年さんのブログが、12/18を最後に、1ヶ月近く更新されていない。 快調に記事が書かれてい

記事を読む

創価学会の資産10兆円、貧しい同胞を助けてやれよ。

 創価学会の現金資産は10兆円超え? 財界でも存在感が増している(記事)を見て、驚いた。  創

記事を読む

アジア大会、バトミントンの風問題で日本コーチに謝らせた奴は、どこのどいつだ。

 仁川アジア大会のバドミントン会場で空調が意図的に操作された可能性を指摘した日本代表の舛田圭太コーチ

記事を読む

大前研一、お前もか。

 従軍慰安婦問題について韓国要人「一言謝れば韓国人は納得」、と大前研一が、解説したそうだ(記事)。

記事を読む

前原「共産はシロアリ」、いいねえ好きな事が言えて。

  民主党の枝野幸男幹事長は18日午後の記者会見で、同党の前原誠司元外相がテレビ番組で「共産党の本質

記事を読む

たかじんの委員会の「韓国崩壊序曲」がネトウヨみたいで笑った。

 1/11の「たかじんのそこまで言って委員会」は、「世界崩壊の序曲2015」というタイトルで、北朝鮮

記事を読む

石原慎太郎の引退会見が、必見(3)。 ~日本の会計制度について~

 昨日、一昨日に引き続き、石原慎太郎の引退会見について。 今日は、日本の会計制度について。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑