*

たかじんの父親が在日とは驚き。

公開日: : 未分類

 やしきたかじんの父親が、在日韓国人だったことが、たかじんの評伝で明らかにされた(参照)。
 まあ、在日と言っても、父親は自ら韓国から渡ってきて、日本人の母親と結婚したということで、強制的に連れてこられた訳ではないようだ。
泣きながら「実は親父は韓国やねん」と語ったことがあったらしいから、コンプレックスは、あっただろうな。
 「実は親父は韓国やねん」、と語るっていうことは、心は日本人だな。
やしきたかじんは、反中発言は、一杯していたけど、嫌韓発言していたかどうかが、思い出せない。
少なくとも、庇う発言はしていなかった。
心が日本人なら、問題ないよ。
 しかし、喧嘩ぱやいというか暴力的な印象の芸能人は、大概在日のような気がする。
これは、どういうことだ。
環境の問題(貧しいか日本に恨み)か?、それとも民族性か?
やくざの3割が在日で、組長が在日の暴力団も結構あるらしい。
これは、人口比率から言えば、異常に多い。
 もし、環境の問題でなければ、在日は日本の癌だな。
しかし、一方で、日本に活力を与えているとも思う。
例えば、たかじんは、安倍首相復活に少しでも力を与えたと思うし、橋下市長の政界進出にも大きな影響を与えただろう。
橋下市長の父親も、もしかしたら在日かもしれない。
孫正義は、明らかな在日。
まあ、反日でなければ、在日でもなんでも、いいんだけど。

スポンサードリンク

関連記事

W杯誘致で、韓国が英国を裏切る。 英国の復讐が始まる。

 これがサッカーだ・・W杯誘致を巡る韓国の裏切り行為に英国が唖然、韓国ネット「名言認定されそう」「韓

記事を読む

都議会のセクハラやじは、落とし前を付けないとな。

 東京都議会の一般質問で、塩村文夏議員が子育て支援策について質問を行った際、男性議員から「産めないの

記事を読む

タブーに踏み込んだ、そこまで言って委員会。

 今日の「そこまで言って委員会」は、日米のタブーとも言える問題に踏み込んだ。 テーマは、 ・日本

記事を読む

1弁護士が、日弁連や京都弁護士会を「政治的な声明は違法だ」と訴える。 正常化への始まり。

 日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』

記事を読む

都議会ヤジ、決着が着く。

 都議会ヤジの決着が着いたね。 鈴木章浩という都議が、自白した。 さすがに、知らんぷりはできなか

記事を読む

「すべての大国と戦ったことがある日本」との指摘は、意外で頷ける。

 中国のネットで、すべての大国と戦ったことがある日本・・これは特徴? というスレッドの紹介記事をたま

記事を読む

日教組が政治献金しているとしたら、大問題だぞ。

 予算委で質問に立った民主党の玉木雄一郎氏に対し、安倍首相が「日教組は」などとやじを飛ばしたことが、

記事を読む

原発所員の撤退 ~セウォル号船長の脱出に匹敵~

 朝日新聞が大仕事をしてくれた。 ブラボー。 福島原発所長の吉田調書を入手した。 これぞ、マスコ

記事を読む

「昭和天皇実録」 ~たかじんの委員会~

 「昭和天皇実録」が、刊行開始されたそうだ。 それを機会に、たかじんのそこまで言って委員会で特集が

記事を読む

醜悪すぎる、「生活の党と山本太郎となかまたち」。

 小沢一郎が代表を務める「生活の党」に、山本太郎参院議員が入党して、「国会議員5人以上」の政党要件を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑