*

英国の韓国への復讐、第三弾。

公開日: : 未分類

 韓国の小島で横行する奴隷制度、被害者の4分の3が知的障害者―英紙(記事)。

 2日付の英紙デイリー・メールは、韓国西南部の辺ぴな小島で奴隷制度が横行していると報じた。
島民2200人の半数は製塩業に携わっている。だが、ここでは障害者が奴隷として働かされているという。
同島にはキムさんのほかに63人が奴隷として働かされていた。そのうち4分の3が知的障害者だったという。

 以前、W杯誘致で、韓国が英国を裏切る。 英国の復讐が始まる。という記事を書いた。
2022年、2018年の開催地に立候補していた韓国とイングランドは、FIFAのルールに反して相互に投票するという密約を結んだ。
しかし、韓国の鄭夢準FIFA副会長(当時)は、イングランド出身のジェフ・トンプソン副会長(同)と約束しただけでなく、キャメロン英首相(同)とも約束を交わしていたが、トンプソン副会長が韓国に投票したのに対し、鄭副会長はイングランドではなくロシアに票を投じた。
イングランドサッカー協会関係者が、投票翌日にロシアに投票した理由を鄭副会長に尋ねると「これがサッカーだ」などと回答したという。

 この事件から英国の復讐が始まった。
第一弾は、韓国の整形前後の顔の変化のこれでもかという写真の数々(記事)。
第二弾は、韓国の米軍慰安婦訴訟(記事)。
売春婦を慰安婦と言っているぞ、と。
第三弾が、今回の韓国の小島の知的障害者の奴隷制度だ。

英国の報道は、世界中に広がるからねえ。
現に、上の3つの記事が、日本に伝わってきているんだから。
こんなもんじゃ、英国の怒りは収まらないだろうね。
第何弾まで、続くことやら。

スポンサードリンク

関連記事

「すべての大国と戦ったことがある日本」との指摘は、意外で頷ける。

 中国のネットで、すべての大国と戦ったことがある日本・・これは特徴? というスレッドの紹介記事をたま

記事を読む

共産党が、震災募金詐欺。 胸糞。

 4月16日、日本共産党品川地区委員長をつとめ、衆院東京3区から立候補予定だという香西かつ介氏が『T

記事を読む

都構想がレールに乗って、走り出した。 もう止まらない。

 30日に急遽再開された大阪府、大阪市の法定協議会で、来年1月13日に協定書をまとめることが決まった

記事を読む

たかじんの父親が在日とは驚き。

 やしきたかじんの父親が、在日韓国人だったことが、たかじんの評伝で明らかにされた(参照)。  まあ

記事を読む

嘘つき公明党(1)

前回の衆議院議員選挙で、公明党は維新の会と約束を取り交わし、大阪都構想に賛成するので、大阪の幾つかの

記事を読む

在韓米軍の撤退は、不完全ながら本当だった。

 一時、「韓国軍の対火力戦闘能力が補強される2020年ごろまでに在韓米軍2師団の210火力旅団をソウ

記事を読む

「日本の女子中高生の13%援助交際」、オランダがインドネシア独立の恨みを晴らそうとする。

 外務省は、先月下旬に来日した国連特別報告者が「日本の女子生徒の13%が援助交際に関わっている」と発

記事を読む

不倫休暇の宮崎議員、議員辞職す。

 育児休暇と称して、不倫休暇をしていた宮崎謙介衆議院議員が会見で辞職を表明した。 不良外人のくせに

記事を読む

哀しき桑田ケースケ。

 桑田ケースケが、大バッシングを受けてるね。 コンサートで、日の丸にバツを入れた映像を流したり、安

記事を読む

ローマの噴水を壊す。 実に野蛮なオランダ人。

 「ローマの休日」舞台の噴水無残…文化相が非難(記事)  映画「ローマの休日」の舞台として知ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑