*

橋下市長の真の狙いは、これだったのか。 凄すぎる。

公開日: : 橋下徹、 維新の会

 橋下市長が、昨日、在特会・桜井誠とヘイトスピーチについて議論した。
それについては、”橋下市長、珍しく在特会・桜井誠との議論に負ける。”という記事を書いた。

 そして、今日、記者会見で昨日の在特会との面談について、コメントした。
在特会の主張は、政治家として、僕が聞いた。
それに対して、維新の会と大阪市が対応していく。
従って、今後、文句があるなら、在日朝鮮人ではなく、僕に言って欲しい。
言うべきだ。 言ってくれると思いますよ。
特別扱いすることはかえって差別を生む、ほかの外国人と同様に制度を一本化していく必要があると思いますよ。
まあ、いろいろ経緯もありますよ。
しかし、もうだいぶ時間も経ったんだから、見直していく時期に来ているんじゃないですか。
時期も検討しますけどね。

 凄いことを言っている。
ヘイトスピーチは、俺に言え。
俺が受け止める。
そして、在日特権も無くす。
と、言っている。

 なんという素晴らしい手法。
これならヘイトスピーチを無くせる。
そして、在日特権も無くせる。
勿論、困難を極めるだろうが。
しかし、建前を通し、本音も解決する、という素晴らしさ。

 恐れいった。
橋下、在特会・桜井に負けると書いた自分がバカだったな。
橋下市長は、これがやりたかったんだ。
ヘイトスピーチを失くす、在日特権も失くす。
両方とも、文句ないだろう、ということだ。
在日は、勿論文句あるだろうけど、言いにくくなった。
この手際の良さと格好良さは、素晴らしい。

 しかし、昨日の在特会との議論からは、こういうことは、全然読み取れなかった。
橋下市長は、読み取れるように持っていきたかったんだろうが、できなかったということだな。
もしかしたら、わざとかもしれんが。
どっちにしろ、言いたいことは、記者会見で言えるからと、考えて。
在特会と会って、向こうに発言させれば、それで良かったということだ。

 橋下市長は、策士。
オープンで正々堂々とした策士。
安倍首相は、老獪な策士。
安倍首相の方が、揉まれている分、上手のようだ。
当分、橋下市長は、大阪。
安倍首相は、危機にある国政。
それが今は相応しい。

もしかしたら、橋下市長は、石原慎太郎から何か聞いているかもしれないな。

スポンサードリンク

関連記事

橋下市長含む維新が、衆議院公明区に不出馬。 密約か?

 維新の橋下市長と松井府知事が23日、大阪市内で開かれた松井氏の後援会会合で、衆院選出馬を見送ると表

記事を読む

大阪市議会・都構想協定書可決。 橋下市長6年越しの夢目前。

 大阪市議会で、維新・公明の賛成多数により、都構想協定書が可決された。 この後、府議会でも審議され

記事を読む

橋下、言論封殺か? 熱烈支持からリコールに変更だ。 都構想をやる資格なし。

 大阪市の検討部会は、特定の人種、民族への憎悪や差別をあおるメッセージを、街宣活動やインターネットを

記事を読む

橋下市長、維新代表を辞任して、都構想に専念する。

 橋下徹氏が維新共同代表を辞任へ 大阪市議選へ専念する狙いか、というニュースが流れた。 これは、い

記事を読む

大阪市の負の遺産1000億、泣けてくるよ。

 大阪市の土地信託事業の複合ビル「オーク200」をめぐり、事業を受託したりそな銀行など3行が市に赤字

記事を読む

諸悪の根源である大阪市議会はつぶさないとダメだ、過激になってきた橋下市長の発言。

 いつもの定例会見で、大阪市バスの話題になった(動画)。  大阪市バスは、民営化しないと、全然

記事を読む

橋下市長は、本当に市民の代弁者だよ。

 1/3橋下市長ツイッター「すかして評論する連中よりも、ぶさいくにもがき、あがく連中が評価される社会

記事を読む

大阪市バスの黒字化。 橋下市長は、よくやった。

 大阪市バスの上半期の経常損益が約8億2900万円の黒字になった。下半期も含めて黒字になれば、198

記事を読む

橋下市長、上西議員の首をはねる。

 橋下市長は4日、3月13日の衆院本会議を体調不良で欠席しながらその前後に不可解な行動があったとする

記事を読む

橋下徹ついに石原慎太郎と袂を分かつ

 橋下徹が、ついに石原慎太郎と袂を分かつことになった。 喜ばしいことだ。 縁を切ったらどうかという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑