*

日本最悪の既得権益、日本記者クラブ(1) - 談合 –

公開日: : 最終更新日:2014/05/19 マスコミ

上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」を読んで、驚いた。

日本記者クラブは、こんなに酷い存在であったのか。

時々、週刊誌出身のジャーナリスト、例えば勝谷氏がTVで、日本記者クラブが自分ら以外のジャーナリストを会見場所から締め出して、情報を独占している、と訴えていたが、平等じゃないな、ぐらいの感想を持っていた。

しかし、そんな甘いものではなかった。

日本記者クラブは、談合しているのだ。

会見で、現場記者は、速記でメモを起こす作業「聞き打ち」と、後で録音を詳細に書き起こす作業「書き起こし」をする。

その報告を受け取った、デスクと言われる記者が、現場も見ずに記事を書いているのである。

これには、驚いた。そんないい加減なことをやっているのか。

こんなの二流の仕事である、プロの仕事でない。

日本の一流企業が、こんなことをやっているとは。

もっと酷い談合であるが、現場記者は、デスクに送るメモを書いているだけだから、いわば、やっつけ仕事である。

それもあるのだろう。各社が担当を決めて、今回はA社が「聞き打ち」、B社が「書き起こし」と、分担しているのだ。

どうりで、新聞各社が同じような記事になるはずだ。

そして間違えると、皆が間違えることになる。

そしてこの共同作業が談合を生む。

この政治家を、やっつけてやろう、ということになれば、いっせいにやっつけるのである。

いじめである。

マスコミは、正義の味方とちょっとは思っていたのだが、いじめっこだったとは。

しかも、がき大将ではなく、集団でいじめる一番タチの悪い奴らだ。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

官房機密費がマスコミへの支払いへ

上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」の読後、続編。 現場記者からデスクに送られて

記事を読む

毎日新聞のWaiWai変態ねつ造事件を知っていますか?

 ネットで調べごとをしていたら、偶然、毎日新聞の酷い事件にぶち当たった。 毎日新聞が、海外向けホー

記事を読む

日本最悪の既得権益、日本記者クラブ(2) - でっちあげ –

これも 上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」を読んで、驚いたことである。 鉢呂経

記事を読む

東電の震災報道の問題

懲りずに、上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」の読後、続編。 当時あまりネットを

記事を読む

朝日の慰安婦虚偽報道、朝日は記者会見を開くべきだ。

 朝日新聞は、慰安婦問題で虚偽報道があったことを認め、取り消す記事を載せた。 吉田清治氏の「慰安婦

記事を読む

捏造フジテレビ。 記者会見をやれよ。

 フジテレビは29日、今月5日に放送した日韓問題を扱った特別番組「池上彰 緊急スペシャル!」の中で、

記事を読む

嘘つき毎日新聞、再び  ~大阪観光局長更迭~

 昨年4月に大阪市内で開いた「大阪国際音楽フェスティバル」では、韓国の旅客船沈没事故の影響で人気韓国

記事を読む

古舘降板か? 面白くなってきた!

 古舘伊知郎キャスターが「報道ステーション」を降板するのではないか、という話が広がっている。  古

記事を読む

英BBC放送が韓国の米軍慰安婦訴訟について報じる。 ついに世界メディアが動き出した。

 韓国政府が作り上げた米軍向け慰安婦制度、元慰安婦が国を告訴―英メディア という記事を見た。

記事を読む

集団的自衛権について、冷静な分析が欲しい

安倍首相が集団的自衛権について演説した。 演説としては立派であったが、これがいいのかどうか、新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑