*

タブーに踏み込んだ、そこまで言って委員会。

公開日: : 未分類

 今日の「そこまで言って委員会」は、日米のタブーとも言える問題に踏み込んだ。
テーマは、
・日本は、米国の陰謀によって、米国と戦争させられた。
・原爆投下は、ホロコーストだ。
・GHQは日本の洗脳政策WGIPによって精神の奴隷化を図ろうとした。
と凄く過激。

 面白かったねえ。

 井上和彦と竹田恒泰は、日本側。 ケント・ギルバートも。
ケント・ギルバートは、その日本寄りの発言でネットで有名になってきて、今回呼ばれたようだ。
辛坊治郎に関口と同じ番組に出てたんでしょう、と突っ込まれてたけど。

 ケビン・メアと宮家邦彦は、米国側。
この二人の話は、全然理屈が通ってなかったな。
宮家邦彦は、必死になって、米国を弁護してた。
こいつは、何者だ。
日本人のふりをした不良外人か?
不良外人の巣窟、立命館の客員教授という肩書のようだが。

 3つの問題については、すべて米国が悪い。
ネットで真実が暴かれるようになったから、何が真実かわかるようになってきた。
米国側の反論は筋が通っていない。

 ただ、米国のやったことは、功罪相半ばするところもあるから、一方的に非難できない。
しかし、そうは言っても、原爆投下に関しては、米国は謝罪すべきだ。
謝罪が遅れれば遅れるほど、日本人は米国を嫌いになっていくだろう。
賠償など不要。 しかし、謝罪は必須だよ。

 それにしても、ケント・ギルバートを呼ぶとは、さすが「そこまで言って委員会」。
フィフィも呼ばれるんじゃないかな。
もしかして、テキサス親父も呼ばれるかも。

ただ、今は米国を刺激しても、一文の得にもならん。
今は不良外人問題に特化すべきだよ。

スポンサードリンク

関連記事

国民の裏切り者、村山元首相は二度と顔を出すな。

 村山元首相が、朝日新聞で集団的自衛権が戦争につながるとか、コメントしていた。 こいつの顔を見ると

記事を読む

【桜井誠】の東京都知事選出馬表明の会見 がぶっちゃけすぎて、笑う。

 元在特会の桜井誠の東京都知事選出馬表明の会見があった(Youtube)。 桜井誠なんて知らなかっ

記事を読む

都構想がレールに乗って、走り出した。 もう止まらない。

 30日に急遽再開された大阪府、大阪市の法定協議会で、来年1月13日に協定書をまとめることが決まった

記事を読む

英国の韓国への復讐、第三弾。

 韓国の小島で横行する奴隷制度、被害者の4分の3が知的障害者―英紙(記事)。  2日付の英紙デ

記事を読む

テロ資金法案の採決の結果が面白い。

驚愕のブログ「余命3年時事日記」で、 「特別な理由がないかぎり衆院解散総選挙はありませんね。」

記事を読む

桜井誠が余命とタッグを組んで、都知事選に立候補。驚いたね。

 在特会の桜井誠が都知事選に立候補するそうだ(余命)。 ただ、まだ余命三年時事日記しかソースがない

記事を読む

日本人でない人を見分ける方法。

 ほんと、日本人でない人を見分ける方法があれば、どんなにすっきりすることか。 人種差別には、絶対反

記事を読む

強姦ビデオで脅す弁護士。 この行方で弁護士会の汚染度がわかる。

 強姦罪に問われた宮崎市のマッサージ店経営者の弁護人が、被害を訴えた女性客側に「当時の様子を撮ったビ

記事を読む

日本がイスラエルと準同盟国に。危険だろ。

 日本がイスラエルと準同盟国になった、と5/12声明があったらしい。 2ヶ月も前の話しで、びっくり

記事を読む

初めての地方選挙投票。

 今回、初めて地方選挙の投票に行った。 正確には、大阪府知事選挙以外でかな。 府知事選挙も、前回

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑