*

朝日新聞の検証の道筋はついた。いつ木村社長と秋山会長は辞めるんだ。

公開日: : 朝日新聞

 朝日新聞の第三者委員会の第一回会合が開かれ、「信頼回復と再生のための委員会」も結成され、今朝の新聞で4人の社外委員の意見が掲載されていた。

 江川紹子(ジャーナリスト)、国広正(弁護士)、志賀俊之(日産副会長)、古市憲寿(社会学者)の4人。
まあ最初の3人は、無難な、まっとうな意見を述べていた。
本心かどうかは、わからないが。 これから正体がわかっていくだろう。

 面白かったのは、古市氏の意見。
なかなか斬新な意見を述べていた。
本音だろう。 ある意味信頼できそうだ。

 日本社会には、様々なズレがある。 ズレとは相対的な物だ。
人によって正義は違う。
僕は、正義を巡る終わりのない戦いに興味はありません。
しかし、ズレを認識することによって、解決ができる問題も多いと思っています。
朝日のいろいろなズレを解消できれば、朝日の信頼回復と再生に近づくのではないかと思っています。
(それにしても、再生ということは、朝日は一度死んだという理解でいいのでしょうか)
 何もしなくても、新聞は20年ほどで消滅するか、今とは異なる媒体になっているでしょう。
僕は、朝日が未来永劫存在して欲しいとは思いませんが、せめて20年は存続してもらわないと困るという立場です。
この委員会をただのガス抜きにしないために、様々なズレを指摘していくつもりです。

 長い引用になってしまった。もっと端折ろうと思ったのだが、これ以上は難しい。
それだけ、中身のある意見ということ。
「朝日は一度死んだという理解でいいのでしょうか」なんて、凄い皮肉だねえ。
新聞は、20年で消滅すると、はっきり言うところも、爽快である。
最後に前向きな決意表明で締める。
なかなか、やるね。 この人は。

 第三者委員会と信頼回復と再生のための委員会は、動き出したようだ。
朝日新聞の検証の道筋はついた。
いつ木村社長と秋山会長は辞めるんだ。
そう、記者会見で述べたんだからな。
約束は守れよ。
ここらで、もう一回記者会見でも開いたらどうだ?

スポンサードリンク

関連記事

朝日OB「私だけが知っている」社長人事 ~たかじんの委員会~

 11/16の「たかじんのそこまで言って委員会」は、面白かった。 「メディアはどう変わったのか」と

記事を読む

朝日新聞の国会招致の是非。 記者会見のタイムリミットは9/5だ。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも25日目。 1ヶ月が近づいた。 朝日が記者会見を開くまで

記事を読む

せこい朝日新聞、ホームページにのみ慰安婦虚偽報道の英語版を出す。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも18日目。 朝日が記者会見を開くまで書く。  朝日新

記事を読む

慰安婦で新談話を自民が要請。 朝日新聞は他人事。

 朝日新聞の慰安婦虚偽報道キャンペーンも16日目。 朝日が記者会見を開くまで書く。  今日の

記事を読む

韓国を批判できない朝日新聞。 ~産経起訴問題~

 産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長が、韓国の朴槿恵パククネ大統領の名誉を毀損きそんしたとして在宅起

記事を読む

朝日は人権を攻撃の道具としてしか考えていない

もう1年半前の話になるので、申し訳ないのだが、マスコミの本性が露骨に現れた事件なので書いておきます。

記事を読む

朝日新聞の凋落

今年の朝日新聞への入社で、東大生がゼロだそうである。 別に、東大生がゼロでも悪いことではないと

記事を読む

朝日、慰安婦問題で、鳥越さんと討論する。

 昨日だけど、朝日新聞が読者に向き合い考えると称して、鳥越俊太郎と4部の記者との討論記事を載せていた

記事を読む

朝日新聞は、バカか。 ~集団的自衛権~

 今日の朝日新聞の3ページで、一見面白い企画をやっていた。 集団的自衛権がわかりにくいとのことなの

記事を読む

朝日新聞の下衆の極み -マルハン問題-

5/9の朝日新聞の3面記事で、大阪市のフェスティバルゲート跡地が、契約したマルハンが韓流テーマパーク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑