*

天才・橋下徹、都構想の是非を住民投票で決めるかどうかを、住民投票で決める。

公開日: : 最終更新日:2017/05/13 橋下徹、 維新の会

 いや~、橋下市長は凄いね~。
現在、都構想について市議会で審議中である。
しかし、市議会では、否決されるだろう。
そこで、都構想の是非を住民投票で決めるかどうかを、住民投票をして、市民に問うというアイデアを出してきた。
まだ、記者会見で述べただけであるが。

 よくもまあ、こんなことを考え出したものだ。
まさに、天才。
在特会・桜井誠とバトルしたと思えば、次の日、記者会見で真の狙いを語り、また次の日、この都構想の是非を住民投票で決めるかどうかを、住民投票する、というびっくりのアイデアを出してくる。
普通の人なら、疲労困憊していると思うよ。

 ちょっと、話がそれるけど、香山リカが橋下徹を全面支持!「毅然とした態度を全面的に支持することを全宇宙に宣言する」と言ったらしい。
バカじゃないか。
翌日、橋下市長が在日特権も見直すと、言っているのを知ったら、支持しないことを、神に宣言するとでも言ってるだろう。

 元に戻すと、まあ、このびっくりのアイデアが議会に通用するかどうかは、疑問だ。
住民投票で、都構想の是非は住民投票で決めるということになっても、拘束力がなくて、それでも議会で否決したら、否決ということだからだ。
しかし、市議会が、住民投票の結果を無視するという度胸があるかどうかだな。
皆で反対すれば、怖くないと開き直れば、否決できる。
反民主主義的な人間というレッテルを貼られるが。
しかし、今のマスコミは、反民主主義的と騒がないだろうから、あまり効果がない可能性も結構ある。

 しかし、なぜマスコミが、反橋下に走ったか、やっと理解できたよ。
慰安婦発言だ。
反自民の間は、応援したが、禁句の慰安婦問題に疑問を挟んだものだから、これは朝日や毎日にとっては、一番許せない問題だからだ。

 しかし、橋下市長は凄い。
それがわかっているのだろうけど、記者会見で、執拗で陰湿な朝日や毎日に記者の質問に丁寧に答えている。
こんな奴らに、正論をいくら言っても、意味ないのが明らかなのにもかかわらず。
橋下市長の情熱と忍耐力に感動する。

 今の日本に、安倍首相と橋下市長がいることに、感謝しなければなるまい。
勿論結果がどう転ぶかわからないが、絶望的ではない。

スポンサードリンク

関連記事

維新、大勝利。 ~大阪市議選の分析~

 昨日、地方選挙が行われた。 都構想の前哨戦と言われた、大阪府議選・市議選の結果が注目された。

記事を読む

橋下市長が、元日からtwitterで頑張っている。 休んだらどうだ。

 橋下市長が、元日からtwitterで何やら言っている(記事)。  今年は、都構想の住民投票実

記事を読む

マスゴミ降参。 橋下市長の会見が無風状態に。

 橋下市長の1/16の定例会見がいつも通り行われた。  ヘイトスピーチの訴訟費用負担、タブレッ

記事を読む

橋下市長、報道ステで議員費用3割削減迫って、大活躍。 見所満載。

 いや~、昨日の報道ステーションの党首討論は、面白かったねえ~。 もっとも、面白かったのは、橋下市

記事を読む

橋下徹大阪市長は、今一番の民主主義の政治家である(1)

橋下徹大阪市長について、語ってみたい。 皆さんは、ご存知であろうか? 橋下市長が、市役所

記事を読む

「賛成なら投票に行かなくてもよい」という電話をかける都構想反対派。

【大阪都構想】橋下氏「市民の皆さん! 嘘ですよ」 棄権促す不審電話に怒りのツイート 「都構想に

記事を読む

橋下市長、「年内に大阪維新を国政政党へ」

橋下市長と松井知事が、柿沢幹事長問題で揉めてたけど、離党に続いて、「大阪維新の会で国政政党をやる。

記事を読む

都構想の住民投票のとても大きな意義。

 橋下市長のこの会見を聞いて、都構想の住民投票が、日本の民主主義にとって、如何に大きな意味を持つか、

記事を読む

大阪都構想ピンチ。 市民は保守的感情を吹っ切れるか。

 都構想の世論調査結果が、各メディアから発表されている。 産経が一番わかりやすい、知りたい記事にな

記事を読む

橋下市長、上西議員の首をはねる。

 橋下市長は4日、3月13日の衆院本会議を体調不良で欠席しながらその前後に不可解な行動があったとする

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑