*

たかじんのそこまで言って委員会の司会を変えて欲しいなあ

公開日: : 未分類

 今日は、政治ネタがないので、よく見ている「たかじんのそこまで言って委員会」について。
今、司会は、山本 浩之がやっている。
これが、面白くない。
出演者が言い合いになって、議論がもめてくると、まあまあと、とりなそうとするのである。
この番組は、出演者が本音で激論を戦わすのが面白いのに、それを収めてどうするんだ。
右だろうと、左だろうと、本音の激論を聞いているうちに、こちらは、自分なりの意見にたどり着くのである。
山本 浩之は、基本的に左寄りメディアの人間だろう。ことなかれ主義の人間である。
この番組の司会は、議論を焚き付けないとダメなのである。
辛坊治郎に戻して欲しいなあ。

スポンサードリンク

関連記事

慰安婦の暴走が止まらない  ~米軍も訴える~

朝鮮戦争後の韓国で、政府管理の下、駐留アメリカ兵士の相手をさせられ、「米軍慰安婦だった」と主張する

記事を読む

カジノ法案が成立するかも?

 カジノ法案 次期臨時国会で成立の機運高まる、と産経で報道されていた。 カジノ法案は、反対だなあ。

記事を読む

英国の韓国への復讐、第三弾。

 韓国の小島で横行する奴隷制度、被害者の4分の3が知的障害者―英紙(記事)。  2日付の英紙デ

記事を読む

醜悪すぎる、「生活の党と山本太郎となかまたち」。

 小沢一郎が代表を務める「生活の党」に、山本太郎参院議員が入党して、「国会議員5人以上」の政党要件を

記事を読む

ファイアーチャットが中国で革命を起こす、と思う。

 香港民主化デモで、街頭デモを続ける民主派の学生や市民の間で、近くにいるスマートフォンのユーザーと瞬

記事を読む

たかじんの妻さくら事件も、冤罪冨田と同様に奇々怪々の様相を呈してきた。

たかじんの妻さくら事件も、奇々怪々の様相を呈してきた。 引用。 「イタリア人の夫と結婚し

記事を読む

「すべての大国と戦ったことがある日本」との指摘は、意外で頷ける。

 中国のネットで、すべての大国と戦ったことがある日本・・これは特徴? というスレッドの紹介記事をたま

記事を読む

日韓通貨スワップ再開を求める経済界の会合写真が笑えた。

 韓国が日本との通貨スワップ再開を懇願という記事(産経)を見てて、日本と韓国の経団連の会長の会見の写

記事を読む

安藤忠雄、男らしく記者会見す。 けどダメだな。

 新国立競技場の総工費が1300億円から2520億円に倍増した問題で、デザイン案の審査委員長を務めた

記事を読む

田嶋副会長がFIFA理事にトップ当選し、鄭夢奎(韓国)は最下位で落選。

 アジア・サッカー連盟(AFC)は30日、バーレーンのマナマで開いた総会で役員選挙を行い、AFC選出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑