*

ジャーナリスト長谷川 幸洋でさえ、マスコミの酷さを自覚していない ~たかじんの委員会~

公開日: : マスコミ

 たかじんの委員会で、世界一わかりやすい解説ということで、池上彰を意識して、ジャーナリストの長谷川 幸洋が、いろいろ解説していた。
 その中で、思い出話として、新人の頃、ニュースのネタに悩んでいたとき、上司から、ネタがないときは、天気の話をしろ、と言われたと。 雨が降っているなら、最近の異常気象に話につなげて、話を広げて、ニュースを作っていくんだよ、と得意そうに言っていた。
 非常にまともな、長谷川 幸洋でさえ、こんなこと言うんだからな。
マスコミは腐っている。
記者が勝手に作り上げた記事を読まされる読者の身にもなってみろ。
読者は新聞記事をある程度正しいと思って、読んでいるからな。
週刊誌とは、違うんだよ。
記事を作り上げるようなことをするなら、ジャーナリストなんか、やめてしまえ。
 他の回でも、何のことだったか忘れてしまったが、長谷川は、メディアとはそういうもんなんだよ、と怒りながら言っていた。
実に不遜だった。 
日本のあらゆる企業は、消費者のわがままな要望に必死に応えて、繁栄もしくは生き残ってきた。
しかし、マスコミだけは、読者の考えを操作してやろう、偉そうに読者に教えてやろう、失言をさせて、政治家を潰してやろう、とネガティブなことをしている。 
 日本の大手で、唯一、ゲスな企業だ。 大手証券会社も含まれるかな。

スポンサードリンク

関連記事

マスコミよ、変わらなきゃ!

グローバリズムによって、企業は大変化を強いられ、存亡をかけて、変化してきた。 政治も、不完全と

記事を読む

石原環境相「最後は金目でしょ」発言の真偽

 石原伸晃環境相が、中間貯蔵施設の建設をめぐり、記者団に対し「最後は金目(かねめ)でしょ」と語った、

記事を読む

毎日新聞のWaiWai変態ねつ造事件を知っていますか?

 ネットで調べごとをしていたら、偶然、毎日新聞の酷い事件にぶち当たった。 毎日新聞が、海外向けホー

記事を読む

嘘つき毎日新聞、再び  ~大阪観光局長更迭~

 昨年4月に大阪市内で開いた「大阪国際音楽フェスティバル」では、韓国の旅客船沈没事故の影響で人気韓国

記事を読む

マスコミ後進国・日本 -オプ・エド-

またまた、上杉隆の「新聞・テレビはなぜ平気でウソをつくのか」の読後、続編。 一つの問題に対して

記事を読む

都構想住民投票への賛否報道は、マスコミの民主主義尊重の試金石となる。

 「大阪都構想」を議論する府・市の法定協議会が23日、「都」の設計図に当たる協定書を決定した。 や

記事を読む

「ミヤネ屋」で、ドラッグ吸引女性傷害事件の裏で「いつものことですよ」。

 新聞・TVで報道されない出来事が、ネットでは、流れている。 「ミヤネ屋」で、VTR放映中、3

記事を読む

安倍官邸が、「クローズアップ現代」の件でNHKを恫喝したって本当?

週刊フライデーが、「安倍官邸がNHKを土下座させた」という見出しの、スクープ記事を掲載した。  

記事を読む

日本のために戦う甘利大臣。

 アメリカとの交渉が難航するTPP交渉で、甘利大臣がアメリカのフロマン代表と怒鳴り合いのやりとりをし

記事を読む

今、一番正しい情報を発信するのは、産経新聞。 ネットニュースを見て。

 ネットでニュースを見ていると、下記の記事に出くわした。  東京地検は26日、覚せい剤取締法違

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑