*

大飯原発裁判で関西電力が控訴 ~悪あがき~

公開日: : 未分類

 関西電力の大飯原子力発電所の再開禁止の福井地裁の判決について、関西電力が控訴した。
 いい加減悪あがきは、止めたらどうだ。
もし事故が起こって、琵琶湖に放射能が届いたら一体どうするつもりだ?
琵琶湖の水を利用している人口は、1400万くらいいるのだぞ。
大パニックだけで済まない。関西人の大移動が発生して、経済的損失は、膨大になり、関電は
、賠償責任のとりようがないぞ。 
あまりにも膨大すぎて、国が助けてくれて、責任をとらずに済むと思っているんだろう。
 そもそも、原発は結局他の発電より高くつくことが、はっきりしたのだ。
廃棄物処理ができもしないし、できたとしても恐ろしく高くつくのだから。
今はいい。今は安いだろう。しかし、将来世代は、そのばか高く、かつ危険な後始末をおしつけられるのだ。
この明らかな事実があるのに、なぜ原発を止められないのだろう。
理由があるなら、明らかにしてほしいな。
電力会社から多額の賄賂が、政治家に渡っているのだろうか?

スポンサードリンク

関連記事

創価学会の集団的自衛権に関する見解発表は、憲法の政教分離に対する挑戦

 公明党の支持母体である創価学会が、集団的自衛権の行使容認は「憲法改正手続きを経るべきだ」とする見解

記事を読む

河野洋平は、表に出ろ

 河野洋平元官房長官が、月刊誌「世界」で、安倍首相の国会答弁の姿勢が上から目線などと批判したらしい。

記事を読む

水泳・冨田選手裁判、誰かわからない映像。

 どうなったんだろうと思っていた、水泳・冨田選手裁判で、やっとこさ証拠の監視映像が、出てきたようだ。

記事を読む

安藤忠雄、男らしく記者会見す。 けどダメだな。

 新国立競技場の総工費が1300億円から2520億円に倍増した問題で、デザイン案の審査委員長を務めた

記事を読む

在韓米軍の撤退は、不完全ながら本当だった。

 一時、「韓国軍の対火力戦闘能力が補強される2020年ごろまでに在韓米軍2師団の210火力旅団をソウ

記事を読む

「米占領軍の日本洗脳工作「WGIP」文書、ついに発掘」って、思い切りセンセーショナルだな。

 産経ニュースは、過激なニュースか、中韓関係のニュースばかり、ほうりこんできて、その徹底した路線ぶり

記事を読む

整形で鼻崩壊の中国女性、中国の汚染された空気を吸ったせいと言われる。

 韓国で美容整形手術を受けたある中国人女性の鼻が手術から半月後にボロボロになり、女性は中国の病院に駆

記事を読む

1弁護士が、日弁連や京都弁護士会を「政治的な声明は違法だ」と訴える。 正常化への始まり。

 日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』

記事を読む

日韓通貨スワップ再開を求める経済界の会合写真が笑えた。

 韓国が日本との通貨スワップ再開を懇願という記事(産経)を見てて、日本と韓国の経団連の会長の会見の写

記事を読む

ネトウヨブログは、現代の川柳。

 余命さんが褒めてたので、2ch系ネトウヨブログの「保守速報」と「News U.S.」をよく見てる。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
PAGE TOP ↑